ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

ワーホリで保険は入らない!クレジットカード数枚持ちで保険を補う裏技!!

f:id:shuldflake:20170507082242j:plain

これからワーホリへ行かれる方は海外保険に入るのか、それとも入らないで行くのか考えると思います。ワーホリ中は保険に入らないよりも入ってほうが安心ですが、費用もかなりかかってくるため何事もなかったときは損した気になりますよね。

ワーホリで使う保険はあくまで保険ですから。ぼくの場合のワーホリは保険は入らないで、クレジットカードを3枚持って乗り切りました。

クレジットカードに付いている保険を上手く使えば、1年間はほぼ無料でワーホリを海外保険に入らないで乗り切ることができます。

その裏技的な方法を紹介します。

  

ワーホリ中に必要な海外保険とクレジットカード付帯保険の違いは? 

f:id:shuldflake:20170322025856j:plain

海外保険とは?

あらかじめ旅行やワーホリに行く前に日本で加入しておく保険です。

AIU保険のワーホリ保険などで、だいたい年間20万円前後します。

さすがに高い保険であるため、死亡保障やケガや入院治療が無制限で利用できます。

不安な方はワーホリ中この海外保険に加入しておくと安心できます。

 

クレジットカード付帯の保険とは?

もともとクレジットカードに付いている保険です。

全部のカードについているわけではありませんが、最近ではいろんなクレジットカード会社に付いています。

その中でも

  • 自動付帯
  • 一般利用付帯
  • 特殊利用付帯

とこの3種類に分けられます。

この3つの保険をうまく利用してワーホリの2年間を海外保険に入らないで乗り切ることができました。

 

自動付帯とは?

自分で入らないでも文字通り自動で勝手に保険に適用される保険です。

旅行代金(公共の乗り物、ツアー代)などを、カードを使って支払いをしていなくても、適用されます。

海外に旅行に行くだけで無条件に適用。

 

一般利用付帯とは?

ワーホリ、旅行に行く前に旅行代金(タクシー、バス、ツアー料金)などをカードで支払っておくことで適用になります。

簡単に言うと、ワーホリでも日本から海外へ行くための何か旅行費をカードで支払っておくと適用されるということです。

 

特殊利用付帯とは?

ここがワーホリへ行く方には1番大事です。

ワーホリでも旅行先での公共交通機関をカードで支払うことにより、支払った日から90日間の保険が適用されます。

つまり旅行に行き、1ヵ月後に公共交通機関をカードで支払うと、その日から保険が適用できます。

自分で適用したい日を決めれるというメリットがあります。

しかもほとんどのクレジットカードが旅行前の手続きなしでOK.

 

ワーホリで海外保険に入らない裏技とは?

f:id:shuldflake:20170321200420j:plain

もうお分かりかと思いますが保険に入らない方法を説明します。

大抵のクレジットカードの付帯の保険は90日間です。これは日本を出てからなので3ヵ月後には切れてしまいます。

しかし、特殊利用付帯のクレジットカードを1枚持っていることで、最初の90日間と次の90日間(180日間)が保険適用になります。

そして特殊利用付帯のカードを2枚持つことで、270日間、3枚で360日間と適用できます。

1年間の海外保険料は役20万円なので、クレジットカードの年会費が1500円だったとしても19万円以上の節約になるんです。

ワーホリ中は入らない方がお得な感じがしますよね。

ただしクレジットカードの付帯の保険は100万~200万円前後が上限なので、最低でも3つのカードを持つことをおすすめします。

ぼくがワーホリで行ったオーストラリアは治療費がバカ高いです。

 

海外保険に入らないワーホリ裏技が使えるクレジットカード

JCBカード EXTAGE

f:id:shuldflake:20170509215750p:plain

  • 年会費永久無料
  • 29歳以下でEXTAGE加入可能
  • 海外保険利用付帯 ケガ病気100万円・携行品20万円

このカードを1枚目として持つとかなりワーホリでは有効に使えます。

EXTAGEが29歳以下が条件となりますが、海外でのカード会員Wifiサービスや、レンタカーサービスなど豊富に利用できます。

ワンランク上の会員ならば空港ラウンジも利用可能。ワーホリや海外での利用にはすごく強いですが、やはりVISA と比べると世界で見てJCBカードが使えない場合はあるらしいです。

ワーホリ中のオーストラリアはVISAもJCBも両方使えました。

(参照:JCB公式サイト )

 

三井住友クラシックVISAカード

f:id:shuldflake:20170509211844p:plain

  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 海外保険利用付帯 ケガ病気50万円・携行品15万円

初年度年会費が無料で2年目以降が1250円かかりますが、年に1回の利用で無料にでき、ワーホリ中でも使えます。

VISAカードは本当に世界中で利用できるのがおすすめする点です。

デビュープラスには海外保険は付帯していないので、クラシックにしましょう。

年会費も簡単に永久無料にできるので、ワーホリや海外へ良く旅行に行く方には1枚もっておいて損はありません。

(参照:三井住友VISA公式サイト  )

⇒ 三井住友VISAクラシックカード

 

 

エポスカード

f:id:shuldflake:20170509223735p:plain

  • 年会費永久無料
  • 海外自動保険付帯 ケガ病気200万円・携行品20万円

最近すごくCMで見かけます。

海外でのキャッシング機能や、旅行中だけ限度額を上げることが可能なので、ワーホリや海外へ行かれる方には1枚持っておいても良いと思います。

ゴールド・プラチナ会員は空港ラウンジの利用も可能でです。

こちらのカードはVISAなのでワーホリ中どこへ行っても安心できます。

(参照: エポスカード公式サイト )

年会費永久無料!エポスカード

 

 

リクルートカード

f:id:shuldflake:20170509225034p:plain

  • 年会費永久無料
  • 海外保険利用付帯 病気ケガ100万円・携行品20万円

このカードはVISA・MASTER・JCBどの会社にするのかが自分で選べます。

還元率が非常に高くGポイントからマイルへ変換できたりと、ワーホリへ行かれる方や旅行好きな方はもってこいのカードです。

(参照: リクルートカード公式サイト )

リクルートカード公式サイト

 

 

裏技は使えないがワーホリで持っていると役に立つクレジットカード

三井住友トラストカード

f:id:shuldflake:20170622073905p:plain

初年度年会費無料でワーホリには非常に便利なカードです。

 

f:id:shuldflake:20170622074044p:plain

オーストラリアへワーホリに行く場合にはちょうど良い航空会社なのでマイルが貯めやすいのが特徴ですね。

三井住友トラストのクレジットカード

 

 

JALクレジットカード

f:id:shuldflake:20170609230824p:plain

  • 初年度年会費無料
  • 海外/国内旅行保険付帯  病気・ケガ1000万円

JALカードなのでマイルを貯めてお得に旅行できます。もちろんショッピングでつかった場合にもマイルは加算されるシステムです。アメリカン・エクスプレスにすれば空港でのラウンジ利用も可能です。(参照:ジャルカード公式サイト

 

セゾンブルーアメリカンエクスプレスカード

f:id:shuldflake:20170609232327p:plain

  • 初年度年会費無料
  • 海外/国内旅行保険付帯  病気・ケガ3000万円

26才まで年会費は無料です。海外国内とわず旅行に良く行く方にはおすすめ。海外用WIFI・携帯電話レンタルサービスや、手荷物無料宅配サービスが付いてるのは嬉しいですね。(参照:セゾンカード公式サイト

 

 

ワーホリで使えるプリペイドカード(海外へお金を簡単に持っていける)

マスターカード「キャッシュパスポート」

f:id:shuldflake:20170609235251p:plain

プリペイドカードなので審査や年齢制限がなく、学生でも簡単に作ることが出来ます。海外へ行ったときの両替の手間がはぶけて、セキュリティ面でもしっかりと守ってくれるカードです。現金を持っていったり、口座を作るのに面倒な方にはおすすめ。(参照:キャッシュパスポート公式サイト

ワーホリへお金の持っていき方は?【知らなきゃ損】

海外専用プリペードカード

 

 

クレディセゾンプリペイドカード

f:id:shuldflake:20170609234814p:plain

こちらも同じタイプのプリペイドカードです。あらかじめお金を入金しておけば現地の通過でお金を引き落とすことができるカードですね。(参照:NEOMONEY公式サイト

 

ワーホリで海外保険に入らない裏技のまとめ

この利用付帯を使えば1年間は保険ありの状態を保つことができます。あくまでも利用付帯なので保障金額がそれほど大きくはありません。

ワーホリへは2~3枚持ちで行かれることをおすすめします。何度も言いますが海外は本当に治療費がクソ高いので気をつけましょう。

保険はあくまで保険なので使わないのが1番良いですね。

 

関連記事はこちら↓↓↓

www.bobbblo.com

 

ここからは余談です、、

クレジットカードの付帯の保険ではカバーできないこともあります。

  • 歯の治療 
  • もともと持っている持病
  • ワーホリ中に発病して180日を超える治療が必要な場合

これらの病気や治療はクレジットカードの付帯の保険ではカバーできません。そこで海外旅行中やワーホリ中でも加入できる保険を紹介しますね。

現地でインターネットですぐに加入できるので心配はいりません。

 

tora-tora.net

こちらに詳しく書いてあります。

1週間で最大$72で現地で加入できてすぐに使える保険ですので、保険に入っていない方やクレジットカードを持っていない方でも安心ですね。

広告