ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

空耳アワーに学ぶ英語の発音!!

f:id:shuldflake:20170627102413j:plain

空耳アワーというテレビ番組「タモリ倶楽部」の1つのコーナーを見たことがありますか?

この空耳アワーでやっていることこそ英語の発音を学ぶには非常に大事なことです。

その英語の発音に大事なことというのを語ってみます。.

 

空耳アワーとは??

www.youtube.com

これを見てもらえれば空耳アワーがどんなものかが分かると思います。

英語で歌っている歌が日本語ではどう聞こえるかということをおもしろおかしく紹介されているだけのコーナーです。

非常にくだらないバカげた番組ですが僕は大好きで英語を発音するのには最も重要なことを教えてくれています。

まさにこれこそが日本人の僕たちが英語を発音するのに1番大事なことで必要なことだと思います。

要は英語を発音するときは聞こえたように発音することが良いんですね。

 

カタカナ英語が邪魔をする日本の英語学習

f:id:shuldflake:20170627104403p:plain

僕ら日本人が英語を発音する上でカタカナイメージが非常に邪魔になっています。英語の発音を練習するときはこのカタカナを全部忘れてやる必要があるんですね。

「water」を例にとって発音してみると「ウォーター」となります。

「ウォーター」という発音はアジア圏では十分に通じるとは思いますが、これがイギリスやオーストラリアの英語圏で使ってみると全く通じません。

「water」は「ワーラー」と聞こえるため「ワーラー」と発音することで英語圏でも十分に通じます。(経験済みです)

しかし僕らは「ウォーター」という文字を認識してしまっているため「ウォーター」といってしまいますね。

カタカナは英語を発音する上で非常に邪魔になります。

 

空耳アワーに学ぶ英語発音の練習

f:id:shuldflake:20170627110035j:plain

空耳アワーでは歌の歌詞を日本語ではどう聞こえるかということを提案されていますが、これを歌ではなく英語の会話で自分が聞こえたように発音することで英語の発音の練習になります。

英文の文字で認識して発音を練習するのではなく、耳で聞こえたように耳で感じたように発音すれば英語の発音はぐっと上手くなります。

もっと感覚的に英語を感じる必要があるんですね。

これは日本の教育を受けてきた僕らには難しくどうしても文字で認識して発音しようとしてカタカナになってしまいます。

空耳アワーこそが英語を耳の感覚でとらえて聞こえたように日本語で発音するため英語を発音するのには非常に良いことをやっていますね。

 

まとめ

英語の発音を練習時には文字から入らずに、感覚で練習する方が通じる英語を習得できます。

発音を練習するときはぜひ空耳アワーを見て感覚で練習してみると良いですよ。

広告