ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

ネイティブイングリッシュのおかげで英語が話せるようになりました!

f:id:shuldflake:20170502141355j:plain

タイトルにも書いた「ネイティブイングリッシュ」で英語が話せるようになったとは、海外旅行へ行っても困らない程度になったという意味です。

レストランやカフェでの注文、ホテルのチェックインや予約などはわりと簡単にこなせるようになりました。

ネイティブイングリッシュという英語教材を使い、2ヶ月ほど本気で取り組んだら見違えるように英語は上達できました。

海外旅行などの実践に使える英語を身につけたい人は良い英語教材だと思います。スピーキングとリスニングをメインに練習していく教材です。

いろんな英語の教材に手を出して続かなかった方にもちょうどいいかも知れません。僕自身がそうでしたから。

 

ネイティブイングリッシュとは?

f:id:shuldflake:20170618031838p:plain

ネイティブイングリッシュとはスピードラーニングと同じで、日常会話のフレーズの聞き流しの教材です。

スピードラーニングと違うのは英語を話す(スピーキング)ことも鍛えられる教材でした。

知名度で言うと圧倒的に石川寮のスピードラーニングが有名だと思いますが、ネイティブイングリッシュも女優の河北麻友子を起用して、徐々に知名度は上がってきていると思います。

有名女優を起用するくらいだから、ネイティブイングリッシュもそこそこは売れている英語教材ではないでしょうか。

テキスト教材1冊

リスニング用CDx6枚

スピーキング用CDx6枚

ナチュラルスピード(普通のスピード)CDx3枚

会話のニュアンス解説CDx3枚

以上がネイティブイングリッシュの教材です。特典としてビジネス向け用の教材も付いています。

特典でついてくるビジネス英語用教材 ↓↓↓

テキスト教材x1冊
スピーキング用CDx1枚
リスニング用CDx2枚
ナチュラルスピード(普通のスピード)x1枚

このセットが特典として付いてましたが、はっきり言ってこのビジネス用の教材は要らなかったですね。

海外に旅行へ行くのにビジネス英会話は必要ないですから。

上のCDx18枚とテキスト教材1冊だけで日常会話の英語は十分に習得できます。

  

ネイティブイングリッシュの特徴

f:id:shuldflake:20170607221056p:plain

すごく実践的な英語の勉強法で、リスニング力とスピーキング力を同時に習得できるカリキュラムが1日ごとに組んであります。

そのネイティブイングリッシュの勉強法に沿って勉強すれば、全部で6ヶ月で実践でネイティブが使う会話のほとんどを理解できるようになります。(正確には167日です)

リスニングに限っては英文のフレーズの丸覚えですが、その丸覚えが海外旅行では物凄く役に立ち、実践ですぐに使えました。

 

リスニングを鍛える

f:id:shuldflake:20170618194231p:plain

ネイティブイングリッシュでは2段階のスピードの音声を聞くことで、リスニングに必要な英語を聞き取れる耳に慣らしていきます。

通常の1,5倍の早さで英文のフレーズを聞き、そのあとに普通のスピードを聞きます。そうすると普通の速さの英語が遅く感じて聞こえてリスニング力が上がっていくというカラクリです。

このリスニング練習法を毎日繰り返すことで確実に普通のスピードの英語が聞き取れるようになってしまうから不思議です。

この勉強法は通勤中や移動中どこでも好きな場所で出来るのでよかったです。散歩しながら聞いていました。

やはり始めたてのときは話すスピードが速すぎてまったくついていけませんが、すこしづつ徐々に聞き取れるようになりました。

 

スピーキング力を鍛える(つぶやく)

f:id:shuldflake:20170618194305p:plain

スピーキングの練習はリスニングの練習とは逆で、ゆっくりとした英語のフレーズを聞いた後に早いスピード(ナチュラルスピード)という順番で流れてきます。

ゆっくりとした英語のフレーズでどう発音するのかをしっかり理解した後に、早いナチュラルスピードを聞くことでしっかりと発音を落としこめます。

そこでシャドーイングと呼ばれる(実際につぶやく)が必要になります。この練習は1人でやった方が良いですね。

通勤中などは車の中なら大丈夫ですが、人がいるとこだと恥ずかしくて出来ないです。

しかし実践で使う英語を習得するには、この練習は非常に大事で普段から英語をつぶやくか話していないと本番ではスラスラと英語は出てきません。

このシャドーイングを普段からしっかりやっておけば、英語を話すこと自体に抵抗がなくなっていきました。

いきなり英語を人に向かって話すのは勇気がいりますもんね。

 

ネイティブイングリッシュの使い方

f:id:shuldflake:20170618045500j:plain

ネイティブイングリッシュを使うには一度PCに落として、IPodなどの音楽プレーヤーに移す必要があります。

IPhoneやスマホに入れておくとどこででも使えるので便利だと思います。

ここでぼくの場合はちょこっと編集しました。自分が使いそうな英文だけをIPhoneに入れてみたんです。

というのも海外旅行で使えるフレーズを丸覚えしようと思ったからです。余計な使わなそうなフレーズは飛ばしました。

この編集作業が面倒でこの時点で挫折しそうになりました。編集せずに普通にカリキュラム通りの順序で勉強するのが良いと思われます。

正直、組まれたカリキュラム通りに進めると飽きてくる場面もありました。天気についての会話や出身地の紹介の会話とかはいらないですよね。

 

1日ごとに課題をクリアしていく

ネイティブイングリッシュのもともと組まれている勉強カリキュラム通りに進めると、1日ごとにシチュエーション別で進められます。

「挨拶のしかた」

   ↓↓

「天気の会話」

   ↓↓

「趣味の会話」

   ↓↓

「自己紹介のしかた」

   ↓↓

「出身地の紹介」

   ↓↓

「家族についての会話」

   ↓↓

「通勤の会話」

   ↓↓

「別れの会話」

   ↓↓

「質問の会話」

 

こんな感じで1日ごとにいろんな実践的な日常の会話を「聞いて」「つぶやいて」と繰り返してフレーズごと覚えていきます。

ぼくはこの辺のフレーズは飛ばして「ホテルのチェックイン」「ホテルのトラブルの対処」「レストランでの注文の会話」を中心に勉強していました。

全部で167日間の勉強カリキュラムがしっかりと組まれていますが、中にはたぶん使わないであろうシチュエーションの会話もいくつかあります。 

 

「1日〇〇分で英語は話せる」の本当の意味

f:id:shuldflake:20170618055325j:plain

英語教材につきもののフレーズ「1日〇〇分で英語は話せるようになる」の本当の意味は1日何分かの英語を聞けば英語を聞き取れる耳を作れるという意味だと思います。

英語を勉強する上ではリスニング力は非常に大事で不可欠な能力です。英語を聞けて始めて英語は話せるものでもあります。

スピードラーニングを例にとっても聞くことで耳を英語の耳に作っていくのは同じですが、ただの聞き流しでは英語は話せるようにはなりません。

ネイティブイングリッシュが他の聞き流しの英語教材と違うのは、英語の音声を聞いた後にテキストを使い文章でも理解することです。

このテキスト教材を使ってしっかりインプットすることで、音声で聞いた英語のフレーズを文章でも理解することが出来ます。

英語の音声聞き流しの教材ですが、聞き取れなかった部分やわからかった部分をテキスト教材を見ることで理解するときも多々ありました。

「how are you?(ハワイユー)」を例にとると「how(ハウ)」と「are(アー)」と「you(ユー)」という単語がくっついて「ハワイユー」になるからです。

ネイティブが話す英語は単語と単語の間がくっついて発音するため、もともと知っている単語でも違った発音をするんですね。

こういうときにテキスト教材の文字を見ることで、理解できたことが何回もありました。

ただ英語の音声を聞いているだけでは、本当に理解しているとは言いがたいのが英語の難しさでもあります。

ただ「1日〇〇分聞くだけ」の意味は毎日英語を聞いて耳を作っていくものだと思いました。

 

ネイティブイングリッシュの評判と口コミ

f:id:shuldflake:20170618063057p:plain

2008年に作られたこのネイティブイングリッシュは、知名度こそなかったものの水面下では口コミや評判がよくて徐々に売れ始めたらしいです。

英語教材に限らず本当に良いものは、CMなんかしなくても口コミで十分な宣伝効果を得られるんですね。

いまでこそ有名女優を使って宣伝していますが、発売された当時は誰も知らなかったんではないでしょうか。

しかし、そんなに前からあった英語教材だとは知りませんでした。聞き流しの英語教材はやっぱりスピードラーニングが有名でしたからね。

スピードラーニングも使ったことあるんですが、聞き取れなくて難しかったですね。完全に中級者向けだと思います。途中で諦めた人も多いのではないでしょうか。

ネイティブイングリッシュのほうが続けやすい教材です。

1000人を対象にしたアンケート調査では、ついに2016年に6つの部門で第一位を獲得しています。

非常に満足度の高い誰もが認める英語教材です。

ネット上でも評判が良く、ヤフオクやアマゾンで中古品が出回っていないのも、使った人が満足しているからではないでしょうか。

使わなくなった英語教材はヤフオクなどで出回ることが多いですからね。

 

使い始めて2週間で効果は出始めました

f:id:shuldflake:20170618065516j:plain

ネイティブイングリッシュでは結果をしっかり出したかったので、1日1日をしっかり勉強していました。(今度こそという気持ちでした)

するとネイティブイングリッシュを始めてから2週間後くらいたったときに、車の中で流れているラジオの英語での天気予報がなんとなく理解できるようになっていました。

あの瞬間は本当に嬉しかったですね。

このときにわかったのは、英語は文章を全部聞き取れなくても全体の意味は理解できるということでした。

これがわかってからは会話の全部を理解しようとするのではなく、会話の流れや雰囲気で大事な部分だけを注意して聞くようになりました。

大事な部分だけでも全体の4割が聞き取れれば文章全体の意味は分かります。

逆に大事な部分が聞き取れていなければ、とんでもない勘違いをしてしまうこともあります。

このときに自分でも不思議なくらい英語を勉強するのが楽しくなっていました。モチベーションの維持にも繋がったんですね。

ネイティブイングリッシュを始めてから絶対に2ヶ月間は諦めずにやり続けようと決めてました。

 

ネイティブイングリッシュを2ヶ月間やり続けた理由

f:id:shuldflake:20170618071916p:plain

本気で取り組んでみてダメだったら返品しようと考えていました。封を切っていても60日間の返金保障が付いていますからね。(参照⇒ネイティブイングリッシュ公式サイト

この期限付きの英語勉強が今までにないくらいの力を発揮したのだと思います。

裏を言い返せばネイティブイングリッシュのメーカー側が、「2ヶ月以内には絶対に効果が出る」と自信を持っているようにも取れました。

この期限付きの条件がなかったら本気で勉強はしていなかったとも思います。(もともとが長続きしない性格ですから)

英語の勉強に限らず何か目標を立てるときは、期限を決めてそれに向かって進んでいくのが1番ですね。

本気で取り組めました!!

 

早めに効果が表れたのも良かった

f:id:shuldflake:20170321200420j:plain

ネイティブイングリッシュが他の英語教材と違うのは、効果が出始めるのが早い点だと思います。

先ほども書いたように2週間くらいで自分の中の変化に気づけて、英語の耳が出来上がっていくのを日々実感できたんです。

ネイティブイングリッシュ独自の早いスピードの英語を聞いた後、普通のスピードを聞くっていう勉強法が良かったんだと思います。

英語を話せるようになるには毎日続けることが1番大事で、続けようと思うモチベーションを常に保てていたんですね。

毎日英語の音声を聞いていても飽きてくるので、気分転換と勉強を兼ねて子供向けのアニメや映画を英語の字幕付きで見るようにもしてました。

海外ドラマに出てくる英語のフレーズも、ネイティブイングリッシュの内容と似ている部分もあったのでシチュエーションとニュアンス両方とも復習しているようでしたね。同じ意味で違った言い回し方の勉強にもなります。

いくつもの英語教材を試してみてダメだったぼくが、続けることが出来たのは早めの効果があったのが大きいと思います。

いつまでにやるという期限を決めていたのも良かった!

 

英語を話せるようになって海外旅行へ行っても不安がなくなった

f:id:shuldflake:20170607235118j:plain

海外へ行く飛行機の中や、空港での飛行機の遅れを知らせるアナウンスが聞き取れるようになって不安がなくなりました。

海外の空港での飛行機の乗り換えや、搭乗口の変更は英語がわからない者からするとどうしたらいいのか焦ってしまいますね。

どこ行きの飛行機が何時で何番ゲートなのかが聞き取れるだけで、旅行中では大きく余裕が持てるようになりました。

 

f:id:shuldflake:20170618080839j:plain

旅先でのレストランでも「~Please」だけで注文していたのが「Can I have~」「I would like to~」というフレーズが話せるようになりました。

注文するときにおどおどすることなくメニューの内容を聞いたり、おすすめを聞いたりできると旅行先での食事が本当に楽しめました。

ホテルでのチェックインとチェックアウトもスムーズになり、英語でのホテルの予約もそんなに難しくはありません。(電話越しの英語での会話は慣れるまでちょっと時間がかかります)

もともとネイティブイングリッシュは、実践で使える英語フレーズのまる覚えなので海外旅行では、すごく力を発揮しました。(読み書きは別に勉強が必要です)

フレーズを覚えるだけでここまで変わるとは思ってもいなかったです。

 

とにかく2ヶ月間頑張ってやってみてよかった

ネイティブイングリッシュは60日間の全額返金保障がついているとさっき説明しましたね。効果が出なかったら返品すると。

よくよく考えると実際に効果がなくても返品はしていないのかもしれません。

60日間の返金保障が付いているだけで安心して買ってしまうんですね人間は。うまくできた商売だと思います。

ただ本当に効果はありました。

本当にネイティブイングリッシュの勉強法が合わない人は返品したら良いんですよね。本当にお試しですね。

 

まとめ

何度も言いましたがネイティブイングリッシュは実践で使える英語を話せるようになる英語教材です。

実践で使える英語を話せるようになりたい人にはネイティブイングリッシュを是非参考にしてみてください。

公式サイトはこちらです↓↓↓

 

広告