ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

海外旅行で困らない英語力を欲しいならネイティブイングリッシュ

f:id:shuldflake:20170607235118j:plain

海外旅行へ行っても困らない英語力を欲しいと思ったことはありませんか。僕自身ネイティブイングリッシュという英語教材を使って海外旅行では困らないくらいの英語力は身につけることができました。

今回はその英語教材ネイティブイングリッシュの良さを紹介します。海外旅行へ良く行き、それで困らない英語力を身につけたい方必見です。

 

海外旅行へ行っても困らない英語力とは?

f:id:shuldflake:20170622010641j:plain

海外旅行で困らない英語力とは

  • 空港でのチェックインのやりとり
  • 飛行機の中での注文など
  • 空港の入国審査でのやりとり
  • ホテルのチェックイン、チェックアウト
  • レストランでの注文
  • タクシー、バスでの会話
  • トラブルのときの対処法

これくらいの英語力があれば海外旅行では困らずにスムーズに海外旅行を楽しむことができると思います。

 

空港での荷物のチェック

海外旅行に行く国によっては入国時の荷物のチェックは厳しい国もあります。

係員に「中の荷物は何が入っている?」と聞かれてスムーズに英語で答えることができれば、問題なくスルーできる場合が多いです。

英語が話せずもごもごしているだけで荷物のチェックが厳しくされるようになります。何も怪しいものは持っていなくても、あの瞬間はドキドキするものです。

 

飛行機の中での注文

飛行機の中で眠っていて起きたときに水が飲みたくなったり、飛行機の中が寒くてブランケットが欲しいと思ったことはないですか。

そんなときも気軽にスチュワーデスにすぐに頼める英語力があったら良いなと思ったこともあります。

ちょっとした簡単な英語なんですが普段から話していないとなかなか口から英語は出てくるものではありません。

 

旅行先でのバスを利用する場合

バス乗り場で何番のバスでどこ行きかのバスとはわかっていても多少は不安になりますよね。

同じバス停で待っている地元の人に聞けたら不安はなくなってゆっくりバスを待つことも、どこで降りるのかもしっかり把握できて旅行をストレスなく楽しめます。

 

旅行先のホテルでのチェックイン・アウト

旅行のときのホテルは事前に予約していきますが、いざホテルに着くとフロントでは何と言っていいのか分からなくなります。

朝食の時間やチェックアウトの時間を聞ける英語力があれば、困ることなくクリアできる問題ですね。

予約していた部屋に問題があって部屋を変えて欲しいときも英語が話せれば簡単に解決できますしね。

 

これらの問題を解決してくれたのが「ネイティブイングリッシュ」でした

f:id:shuldflake:20170502141355j:plain

本音を言うと海外旅行へ行って英語が全く話せなくても、身振り素振りで伝えたり紙に書いたりして上に書いた問題をクリアすることはできると思います。

しかしそれでも全く通じないときはストレスになり、毎回そのやり取りをやっていると疲れて海外旅行が楽しめなくなってしまいます。

そこでネイティブイングリッシュという英語教材を2ヶ月間使った結果、意外と簡単に上に書いた問題はクリアできると分かりました。

ネイティブイングリッシュは英文の聞き流しの教材で、フレーズを丸ごと覚えてしまう勉強法ですが、海外旅行ではこの勉強法がすごい力を発揮しました。

 

ネイティブイングリッシュ公式サイト 

 

 

海外旅行で困らない英語力を身につけれるネイティブイングリッシュとは?

f:id:shuldflake:20170607221056p:plain

ネイティブイングリッシュとは石川寮で有名なスピードラーニングとほぼ同じ英語勉強法で「聞き流し」の英語教材です。

リスニング練習用CDとスピーキング練習用CDとテキスト教材がついてきます。このCDを使って一日に6分間の聞き流しで海外旅行には困らないくらいの英語力は身につけることができました。

もう一度言いますが実践で使える英文のフレーズの丸覚えで、この勉強法が海外旅行では十分に力を発揮しました。

1日6分の勉強とは書いていますが、正確にいうと1日に30分ほどのCD聞き流しとテキストをつかっての復習が必要でした。

1000人を対象にしたアンケートでは96%の人が満足している今まさに売れている聞き流しの英語教材です。

1日ごとに練習するカリキュラムが組まれていましたので、毎日の課題をクリアしていく勉強法で楽でした。

 

ネイティブイングリッシュの勉強法(リスニング)

f:id:shuldflake:20170618194231p:plain

ネイティブイングリッシュのリスニング練習はとにかく英文のフレーズを聞きまくって丸覚えしていくものです。

スピードラーニングと違う点は、ネイティブイングリッシュの場合、通常の1,5倍のスピードの音声を聞いた後に通常のスピードの英語を聞くというものでした。

「早いスピード」⇒「普通のスピード」と、この練習を繰り返すことで通常のスピードの英語が遅く感じて聞こえるんですね。

何回も繰り返して聞くことでフレーズごと覚え、スピードにも慣れていき1日たったの30分の練習で3フレーズは覚えることができました。

この3フレーズの積み重ねがが海外旅行では困らない英語力になっていくんですね

 

ネイティブイングリッシュの勉強法(スピーキング)

f:id:shuldflake:20170618194305p:plain

ネイティブイングリッシュのスピーキングの練習法はリスニングとは真逆で、遅いスピードの英文を聞いた後に通常のスピードの英文を聞き、自分でつぶやくという練習です。

始めは通常のスピードにはついていけませんが、ゆっくりしたスピードの音声を聞くことで何と発音しているかがわかり、テキストを見ながらやると文章で理解できて、音声の後に自分でつぶやくことで脳にインプットされていきます。

スピーキングも英文のフレーズの丸覚えなので、何回も聞くことで英文のフレーズを覚えてしまいます。

自分で何回もつぶやいて練習していたので、本番で外国の方と英語を話すことの恥ずかしさはあまりありませんでした。やればやるほどいいんですね。

ネイティブイングリッシュは海外旅行へ行ったときのシチュエーションをメインとした英語教材なので、海外旅行ではびっくりするほど役に立ちました。

 

海外旅行で困らない英語力をつけるネイティブイングリッシュの内容

f:id:shuldflake:20170618080839j:plain

ネイティブイングリッシュの内容

基本の挨拶

ホテルのチェックイン・チェックアウトの会話

カフェ、レストランでの注文

空港での登場手続きの会話

クレームの会話

トラブル処理の会話

タクシーの呼び方、会話

ホテル、レストランの予約

これはあくまでネイティブイングリッシュの一部の内容です。

この項目を全部テキストどおりに進めていくだけで海外旅行では困らない英語力は十分に身につけられました。

実践で使うフレーズばかりなので海外のホテルで実際に同じフレーズを言われたときにはビックリでしたね。

 

海外旅行で困らない英語力があると旅行中に余裕ができた

f:id:shuldflake:20170611001451j:plain

ネイティブイングリッシュを使った後に行った海外旅行では、飛行機の中で機内食を2つもらったり、帰りの飛行機では窓際にしてもらったりと今までとは違う余裕が出てきました。

ホテルでも部屋を変えてもらったり、空港まで送り迎えもやって頂いたりと英語を話せるようになるとここまで違うのかと驚きの連発でした。

1番大きく変わったのは英語に対しての免疫がついてビビることがほとんどなくなりましたね。

 

まとめ

実際にやったことといえば、英文のフレーズの丸覚えなんですよね。 

1日3フレーズを覚えると2ヶ月で180フレーズ覚えただけなんですが、この180フレーズだけで海外旅行では困らない英語力になれました。

もともと実践的なネイティブイングリッシュの内容も良かったんだと思います。

海外旅行で困らない英語力を見につけたい方はぜひチェックしてみて下さい。

今なら60日間の全額返金保障もついています。(封を切っていても返金可能です)

英会話教材【ネイティブイングリッシュ】  

 

 

 

 

広告