ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

アラサー必見!入らなくなったスーツは諦めてレンタルして結婚式へ

f:id:shuldflake:20170301185135j:plain

30代で結婚式に招待されて20代のときに着ていたスーツが入らなくなったという経験はありませんか?

僕は今まさにその状態です。。。

今回の結婚式のためだけに新しいスーツを買うのはもったいない。

新しいスーツを買っても、それ以降着る機会がないのでレンタルをしようと思います。

時代が変わってスーツがレンタルできるサービスが増えました。

そこでスーツをレンタルするメリット、デメリットを書いてみます。

30代になるとスーツを着る機会がなくなる

f:id:shuldflake:20170207155325j:plain

20代であれば二十歳のときに成人式でスーツは着るし、大学の卒業式、就職活動でも使えると思います。

仕事でスーツを着る人以外は30代になれば、ほとんど着る機会はなくなっていきますね。

僕みたいに結婚式に招待されたときくらいで、あとは思いあたるふしはありません。

 

高くて良いスーツを買えば長く着る? 

20代前半のときに結婚式がやたらと多かったせいか、ブランドものの良いスーツを買いました。

良いスーツを買っておけば、長く着れると思っていたからです。

今回の結婚式のために試着してみると、入るには入るのですがパッツパツでした。

ひざを曲げようとするとさらにパッツパツになり、血管が締め付けられます。

これはダメだ。。。

30代にもなるとウェストが大きくなり、そのウェストをしぼるのが20代のころより難しくなりました。

良いスーツを買えば長くは着れると思います。(スーツの状態はきれい)

しかし体型が変わってしまっては意味がありません。

 

スーツをレンタルするメリット 

上にも書いたように僕のブランド物のスーツは着ていくのが難しくなったわけですが、サイズを1つ上げれば着れます。逆にいうとワンサイズ上がっただけで着れなくなったわけです。

レンタルすればこの問題も解決できます。他のメリットもたくさんあることに気づきました。

 

ブランド物のスーツも格安でレンタルできる

f:id:shuldflake:20170301214524p:plain

これはシップスというブランドのスーツです。

DMMいろいろレンタルでは、こういったブランドのレンタルも可能です。

自分で買うとなれば一式10万前後するため、1回の結婚式に行くのにはレンタルのほうが断然お得。

この写真のスーツは2日で7980円なのでお手ごろです。

 

f:id:shuldflake:20170301215211p:plain

さらに靴やネクタイもレンタルすれば割引もあり、全身トータルでレンタルしても1万円ちょっとでブランド物が一式格安でレンタルできます。

ユナイテッドアローズやエルメスもレンタルできて、1万円ちょっとですよ。

レンタルできる商品もいっぱいあって、1日だけビシッと決めていくのも楽しめるのでわないでしょうか。

 

スーツをレンタルするデメリット

やはりメリットばかりではありません。

デメリットもしっかり考えてみましょう。

 

サイズがあまり豊富ではないものもある

商品の数はすばらしいのですが、商品によってはサイズがなかったりするものもあります。

前述でも紹介したシップスのスーツは、サイズが2種類しかなかったため断念しました。

気に入ったものが見つかっても、サイズがなければ意味がありません。

 

レンタルだから新品ではない

f:id:shuldflake:20170301220513p:plain

これを気にする人は多いと思います。

僕は特に気にならないのですが、もちろんレンタル品なので新品ではありません。

クリーニングは完璧にされていますが、他の人が着たやつを着るのは嫌な人は着になると思います。

運がよければ新品に出会うこともあるかも。

 

入学式シーズンは人気のスーツは品薄になる

3月~4月の卒業式、入学式のシーズンは人気のスーツは品薄になってしまいます。

どうしてもこの時期は予約が殺到して、人気がある商品は予約で埋まってしまうことが多いです。

ただ取り扱っている商品は多いので、レンタルできるものもたくさんあります。

 

まとめ

メリット、デメリット両方とも書いてみました。

僕の場合は結婚式1回だけでいいので、メリットのほうが先行していると思います。

なんといっても商品の数は多いのでチェックだけでもしてみると良いでしょう。

いろいろあって見るだけでも楽しいですよ。

DMMいろいろレンタルでした。

 

それでは!

広告