ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

10万円以上貯金できないぼくが1年で180万円貯めた方法(仕事)

こんばんは。ボブ(@shuldflake)です。

宝くじが当たって100万円もらえたとしたら、何を買いますか?

いろんなものを思い浮かべると思います。

しかし、多くの人が「何を買おう」か迷っている間にその100万円は使ってしまっているはずです

ぼくもそういう人間でした。

仮に100万円持っていたとしても、知らないうちになくなっていると思います。

お金ってそういうもんですよね。

貯金ができないぼくはまずは、その意識から変えなければ貯金はできないことに気づきました。

そして、20代のときは10万円の貯金もできないぼくが、1年で180万円貯めることができました。

 

何かをするときは意識を変えるのは、すごく大事です。

貯金できないぼくがお金を貯めてわかったことは、お金を貯めるほうに意識を向けるのではなく、お金を使うほうに意識を向けると貯金できない人でも貯めれます。

ぼくが実際にやったことと気づいたことなどを書いてみますね。

ぜひ参考にしてみて下さい。

貯金できない人はマインドセットから

f:id:shuldflake:20170419193653j:plain

貯金ができない人は自分が何にお金を使っているのか、まったく把握できていないと思います。

自分でそこが把握できていないと何をやっても貯金はできないですね。

しっかりとお金の流れをつかむことで、自分の意外な消費を知ることができます。

ぼくがまずやったことは、家計簿をつけ始めました。

これが意外と楽しかったんです。家計簿は超おすすめ!

自分が何にお金を消費していて客観視でき、「これじゃあ貯金は無理だ」と自分を知ることでしょう。

いろんな無駄を発見することが第一歩です。

  

貯金できないぼくはタバコを巻きタバコにかえた

f:id:shuldflake:20170314221713j:plain

家計簿をつけ始めて気づいたのは月々のタバコ代でした。

辞めれたらそれに越したことはないと思います。

しかし当時タバコとコーヒーが大好きな僕には、その選択肢はありませんでした。

当時1日1箱を吸っていたので

440円×30日=13200円が、巻きタバコにかえて一ヶ月で

     ↓↓↓

   4000円になりました。

約1万円/月の削減です。

年間で約12万円の節約につながります。

もう一度言いますが、辞めるにこしたことはありません。

現在はタバコは辞めました!!

 

関連記事:ベイプで禁煙できました!2ヶ月間電子タバコVAPEを使ってみた感想

 

携帯電話を解約すると貯金できない人にとって良いことづくし

これまた家計簿をつけるようになって気づきました。

月に1万円の携帯代を払っていたんです。

年間12万円も消費していたとは、、知ってはいたんですが家計簿に改めて気づかされました。

もし解約できるのであれば最高に良いことだらけです。

友達からの誘いもなくなり、外に出て行くことがないと余計な出費を抑えられます。

年間12万円の節約にも繋がりますね。

最近だと格安SIM【UQモバイル】(もしもシークス)にすれば、月2000円~3000円で抑えられますね。

自分に合ったプランを選ぶと良いでしょう。

貯金できない人はこの辺を1回見直してみると良いと思います。

 

貯金できない人はコンビニに行くのをやめるべし

f:id:shuldflake:20170419205227j:plain

タバコを巻きタバコに変えてから、コンビニに行く回数が減りました。

巻きタバコはコンビニに売っていないため、通販でまとめ買いしていたんです。

そこで気づいたのが、コンビニに行く回数が減って無駄なものを買う機会が減っていました。

貯金できない人は気づいてない人が多いと思います。

タバコだけ買うつもりでコンビニに寄り、ジュースやお菓子まで一緒に買うことはありませんか?

これがなくなっただけでもけっこう変わります!

ちなみにこれも家計簿が教えてくれました。

ぼくが貯金できないのはコンビニでの消費が1番ひどかったです。

 

貯金できない人の預金額が少しでも貯まってくると自然と意識が変わっている

f:id:shuldflake:20170419212305j:plain

貯金できない人の貯金額が少しでもたまってくると、本当に嬉しくてしょうがないときがあります。

ぼくも通帳を1日何回も見て、ニヤニヤしていたときがありました。

ここまでくれば意識が自然と変わっているものです。

「何かを買おう」と思ったときに、それが自分にとって本当に必要なものかを考えるようになっています。

不思議ですね。

冒頭で貯金できない人は、貯金することよりお金を使うことに意識を向ける必要があると言ったのはこのことです。

 

貯金できないぼくはお金を貯めるために環境を変えた

f:id:shuldflake:20170314220700j:plain

貯金できない人が本当にお金を貯金したいならこれです。

自分を変えたいと思ったとき大事なのは環境を変えることだと思います。

これまでに10万円以上貯金できない僕は、働く場所を変えてみようと思いました。

単純に友達がいない場所へ行けば、遊ぶことがなくなりお金を簡単に貯めれると思ったからです。

それなら高収入で寮も付いている工場系の仕事がベストでした。

 

貯金ができない人がお金を貯めるにはベストな環境

工場系の仕事は寮が無料なのもあり、僕は愛知県に行ったので、もちろん友達は1人もいませんでした。

そのため休みの日でも外に出ることはなく出費がほとんどなかったです。

1人部屋の無料の寮もわりときれいで、お金を貯めるためにやってきた僕にとっては十分すぎるものです。

工場がすごく田舎にあって、退屈といえば退屈なのですがお金を使う施設がないため、仕事を始めて2ヶ月後以降、順調に貯まっていきました。

注意:寮の近くに一軒だけパチンコ屋があり同じ職場の方はけっこう行ってました。

これをやると貯金はできないです。

 

貯金できない人にはぜひ実践してほしい

いきなり全部は難しいでしょう。

家計簿をつけてみたのは意外と楽しかったし、ノートがあればすぐできるので実践してみてください。

短期で一気にお金を貯めたい方は工場系の仕事はおすすめです。

派遣先のポジションによっては、楽な仕事もたくさんありました。

 

 

遊びながらお金を貯めたい方はリゾートバイトも良いでしょう。

どうせ行くなら住んでみたいとこで働きたいですね。

 

 

それでは!

広告