ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

ベイプのバッテリーの種類と選び方とは!?【知らなきゃ損する】

f:id:shuldflake:20170726090850p:plain

ベイプを使う上でバッテリー選びは非常に重要になってきますね。

せっかく良いベイプを買ってもバッテリーに不具合があったり、充電が1日中使えなかったら意味がありません。

そこでベイプのバッテリーの選び方やおすすめのバッテリーを紹介します。ベイプのバッテリーの購入を考えている方の少しでも参考になれば幸いです。

 

ベイプのバッテリーの説明

f:id:shuldflake:20170715015524j:plain

ベイプのバッテリーの形式として良く見かけるのが18650という数字の型番があります。

この18650とは一体何なのかというと、18というのが電池の直径で18mmで、650という数字は電池の長さが650mmという意味です。

なのでベイプに合ったバッテリーを選ぶことが大事で直径と長さが違えば、ベイプにバッテリーがはまらないということが起きてしまいます。

しかし最近のベイプのバッテリーはほとんどが18650型に統一されていますから、バッテリーを購入するときは18650型を購入すればだいたいどのベイプにも合うはずです。

 

ベイプのバッテリーの選び方

f:id:shuldflake:20170711134336j:plain

ベイプのバッテリーを選ぶときに大事なのはバッテリーの容量ですね。

バッテリーの容量はベイプを1日にどれくらい吸うのかで変わってきて、1日中吸う方で爆煙仕様を楽しみたい方はバッテリー容量が大きいのが必要になります。

家で楽しむだけのベイプでOKな方は1500mAhの容量があれば十分で、外に持ち歩いて使いたい方はバッテリー容量が2000mAh以上は必要になります。

このバッテリーの容量で値段も大きく変わってきますから、ベイプをどれくらい吸うのかをしっかり考えて購入する必要があります。

ベイプのバッテリーを選ぶときにこのポイントを間違っていると、ベイプを1日中楽しめず悲しいですね。

 

ベイプ バッテリーのアンペア数

もう1つベイプのバッテリーを選ぶ上で大事なことがあります。

それはバッテリーの最大出力(A)が非常に大事で、ベイプで爆煙を楽しみたい方は絶対に知っておかなくてはなりません。

使っているベイプのアトマイザーのコイル抵抗値とこのバッテリーの出せる電圧と電流の関係が大事になります。

例えば4,2Vの電流で35Aのバッテリーを使用する場合、抵抗値は0,12Ωとなります。

これは4,2V÷35A=0,12Ωとなるわけでこのバッテリーでコイル抵抗値が0,12Ω以上のものを使うと出力オーバーとなり不具合の原因になります。

なのでバッテリーの出力とアトマイザーのコイル抵抗値が範囲内であることが絶対の条件ですね。

ベイプのバッテリーを購入するときはちゃんと計算してベイプのアトマイザーのコイル抵抗値を確認するようにしてください。

 

ベイプ バッテリーおすすめ5選!

ベイプ バッテリーのおすすめ「SONY US 18650」

ベイプのバッテリーで1番オーソドックスなタイプのバッテリーで1番人気の「SONY」です。

不具合もなく安心して使える良質なバッテリーです。容量も2500mAhあるので十分な大きさですね。

 

ベイプ バッテリーのおすすめ「SONY 3000mAh」

こちらは3000mAhとかなり大きなサイズのSONYベイプバッテリーです。このサイズなら余裕で使えますね。

 

ベイプ バッテリーのおすすめ「Eleaf 18650 2600mAh」 

Eleafの2600mAhのベイプバッテリーで40A対応ですね。スペックは申し分ないのですが個人的にはSONYのバッテリーが良いと思います。

 

ベイプ バッテリーおすすめ「LINOPOWER Panasonic 3500mAh」 

容量も大きくコスパもなかなか良いですが、アンペア数がちょっと足りないような気がします。パナソニックは良い電池ブランドです。

 

ベイプ バッテリーおすすめ「KEEP POWER 2600mAh」

このベイプのバッテリーも申し分のないスペックで大変高評価なバッテリーです。やはりベイプのバッテリーは日本製が安心できますね。

 

ベイプ バッテリーのまとめ 

ベイプを使う上でバッテリー選びは生命線ともいえるくらい大切なものです。

アトマイザーのコイル抵抗値をしっかり確認してベイプに合ったバッテリーを購入しましょう。

広告