ベイプvape's Journey

ベイプvape's Journey

ベイプvape(電子タバコ),アトマイザー,リキッドやmodのおすすめの紹介です。

ベイプを始めるのに気になる値段は!?値段別で一気に紹介!

f:id:shuldflake:20170719020236j:plain

ベイプを始めてみたい方は、値段と毎月の費用が気になりませんか。

そこでベイプを始めるのにかかる値段と、毎月にどれくらいのお金が必要なのかを紹介します。

ベイプの値段はピンきりで人によって毎月の値段も代わってくるので、ベイプの種類別で一気に紹介しますね。

 

ベイプの気になる値段は!?

f:id:shuldflake:20170720045312j:plain

ベイプにはいろんな種類があり値段もさまざまですが、安い値段のもので2,000円ほどから、高いもので10,000円くらいの値段で本体が購入できます。

ベイプは値段が高いものほどスペック(性能)もよく、細かいことまで設定できて満足のいく煙を吸うことが出来ます。

逆に安い値段のベイプでもブランドによっては、ハイスペックのものもあり、しっかりと調べてから購入することをおすすめします。

 

毎月ベイプにかかる値段は?

ベイプの本体を持っていたらあとは、リキッド代とコイルの交換が必要になります。

吸う量で人にもよりリキッド代とコイル代はかわってきて、月に約2,000円~6,000円の値段がかかってきます。

単純にベイプを多く吸う方は値段が多くかかり、あまり吸わない方はあまりかかりません。

ベイプは普通のタバコに比べると圧倒的に安い値段で済ますことができますね。

 

ベイプの値段別おすすめ5選!

値段の安い本格ベイプ「JoyTech eGo AIO」

このスターターキットは2,000円ほどの値段で購入できて、初心者でも簡単に使えるタイプのベイプです。 

煙もしっかりと楽しめて満足感がえられると高評価を得ています。

 

値段も安い本格ベイプ「ASPIRE POCKEX aio」

ベイプのなかでも有名なブランドで値段も安く本格的なベイプを楽しむことができます。

リキッド漏れもなく使い方が簡単と評判で3,000円の値段でこのスペックは非常にうれしいですね。

 

そこそこの値段のベイプ「Thorvap iBox TC60W」

本体が4,000円台の値段のベイプ「thorvap」でこの値段でこのベイプのスペックは、コスパが良すぎです。

温度管理機能も付いて初心者でも使いやすいし、バッテリー容量も2200mAhと文句のないサイズですね。

 

1番人気の「i stick pico」 

このベイプも4,000円クラスのベイプで「i stick pico」は値段はさまざまで、それによりスペックもさまざまです。

見た目の高級感もあり、初心者にも扱いやすいということで現在1番人気のベイプですね。

 

かなり良い値段のベイプ「INNOKIN Cool Fire 4 PLUS」

値段が良い分文句の付けようがないベイプ「innokin cool fire4plus」です。

このベイプも種類がいろいろとあって値段もさまざまです。

 

値段もスペックも良いベイプ「INNOKIN MVP4」

10,000円越えの値段のベイプで文句のない素晴らしいベイプです。

ハイスペックなのに初心者でも使い安いのが嬉しいですね。他の人に差をつけたいのならこのベイプはおすすめです。

 

ベイプの気になる値段は?のまとめ 

ベイプは値段も種類もさまざまで、自分の目的にあったものを選ぶことをおすすめします。

値段が高いものが良い、というのは間違いで安い値段のものでも十分に使えます。

自分がどれくらいベイプを使用するのかをしっかり考えて、目的に合ったベイプを購入されることをおすすめします。

⇒2017年のvapeのおすすめも紹介しています。