ボブボブログ

ベイプ's Journey

主にベイプvape,アトマイザー,リキッドやmodの紹介です。

ベイプのアイスティックピコi stick picoは使い方が簡単で初心者にピッタリ!

広告

ベイプのアイスティックピコi stick picoといえば、ベイプ初心者に非常に人気のベイプで今日本で1番売れているベイプではないでしょうか。

アイスティックピコはベイプ初心者にとっても非常に使いやすく、煙も多く味も良いといった評判ですね。

そんなベイプのアイスティックピコの人気のわけを徹底的に解説します。

これからベイプをアイスティックピコで始めようとする方の参考になれば幸いです。

 

ベイプ「アイスティックピコistick pico 75W」とは??

f:id:shuldflake:20170806011446p:plain

ベイプ「アイスティックピコ」とはベイプの有名ブランド「Eleaf」から出ているシリーズ物の1つで今年1番売れているベイプです。

ベイプ初心者が始めるにあたってスティックタイプが嫌な方はこのボックスタイプの「アイスティックピコ」を購入するみたいですね。

非常にコンパクトなサイズでバッテリーも2100mAhと申し分の無い大きさで、リキッドの液漏れもなくアトマイザーにリキッドを入れるのにも簡単なことから人気が急上昇しました。

コイルの抵抗値も0,05Ω~1,5Ωと調整できて爆煙で遊べるため、ベイプを始める初心者にはぴったりだと思います。

モードの切り替えもできてコンパクトなのに高性能という印象がありますね。

 

アイスティックピコi stick picoのスペック

  • ワット数:1~75W
  • 温度制御範囲:100℃~315℃
  • 対応コイル抵抗値:0,1Ω~3,5Ω
  • 温度管理時コイル抵抗値:0,05Ω~1,5Ω
  • 過熱保護機能付き
  • バッテリー過放電防止機能付き

これだけ見ると難しそうですが、このスペックが付いているベイプなのにベイプ初心者でも簡単に使えるのがアイスティックピコの良い点なのです。

そして本体のサイズが本当に小さくてこのスペックなことから人気のベイプと上り詰めて行きました。

また付属のアトマイザー「MELO3」もトップフィル構造となっていて、リキッド漏れの心配もありません。

他のベイプを見てもこれだけハイスペックなのに、コンパクトな本体は見当たりませんね。

 

ベイプ「アイスティックピコ」の使い方

www.youtube.com

ベイプ「アイスティックピコ」の使い方を説明している動画を見つけました。

このアイスティックピコの動画は非常にわかりやすく参考になります。よかったらチェックしてみてください。

ベイプ初心者の方はこういう動画を見てしっかりと使い方を把握してから使うことをおすすめします。

早くアイスティックピコを吸いたくてコイルにリキッドが浸透する前に吸って焦がしてしまう方は多いですからね。

 

f:id:shuldflake:20170901192857p:plain

まずはアトマイザーと下部を取り外します。

 

 

f:id:shuldflake:20170901193004p:plain

はずしてみるとこうなりますね。

 

f:id:shuldflake:20170901193114p:plain

そしてコイル側のほうも外していきます。

 

 

f:id:shuldflake:20170901193214p:plain

これがコイルです。抵抗値と推奨W数が書いてありますね。

初めて使うコイルはコイル側にもリキッドを垂らしておきます。

 

 

f:id:shuldflake:20170901193420p:plain

こぼれない程度に多めにかけても大丈夫です。むしろやったほうが良いですね。

 

 

f:id:shuldflake:20170901193524p:plain

次にコイルを戻してから、タンクの中にも入れていきます。

アイスティックピコについているアトマイザーは口が大きいので入れやすいほうですね

 

 

f:id:shuldflake:20170901193700p:plain

これでふたをしたら逆さまにしたりして10~15分待ちます。

 

アトマイザーを使うときの注意点

注意点として、アトマイザーにリキッドを入れすぎないこと。

初めて使うコイルの場合、リキッドがコイルに十分に染み込むまで10~15分待ってから使い始めてください。

リキッドがコイルに十分に染み込んでなくて、使うとコイルが焦げてしまって味が落ち、コイル自体も一発で死んでしまいます。

この注意点を守って使っていれば美味しくリキッドの味を楽しめて、爆煙も同時に楽しむことができます。

 

ベイプ アイスティックピコi stick picoのまとめ

いろいろとアイスティックピコの解説をしてきましたが、このハイスペックでベイプ初心者で使えるベイプは他にはありません。

そしてコスパが非常に良いのがアイスティックピコのもう1つの魅力ですね。

いろんなアトマイザーと組み合わせて使ってみるのもおすすめでっせ!!

stick pico(アイスティックピコ)のアトマイザーのおすすめ

 

 

ベイプ「アイスティックピコ」シリーズのおすすめ

ベイプアイスティックピコのブランド「Eleaf」が出しているおすすめのベイプを紹介します。さすがに「Eleaf」は人気の高いブランドで信頼を得ていて、アイスティックピコシリーズの他のベイプもすごく人気です。

 

ベイプ「アイスティックピコmelo3 Mini」

アイスティックに比べて少し小さいタイプのmelo3 Miniですが、性能はアイスティックに劣らず高性能で非常に人気が高いベイプです。

このアイスティックピコの本体とアスパイアのクリートを組み合わせて使う方も多く、爆煙がすごいことになります。

アスパイアのクリートをアイスティックピコに組み合わせて使うことでリキッドの口が大きくなりリキッドが入れやすいんですよね。

こういう自分だけのカスタマイズができるのもベイプの醍醐味でもあります。

 

ベイプ「アイスティックピコ 25 ELLO」

デザインがカワイイ「アイスティックピコのELLO」です。普通のアイスティックピコに比べてmodの質感が少し安っぽい気がしますが、このベイプのアイスティックピコもすごく人気のベイプです。

85Wまでの出力が可能で若干パワーが上がりますね。みんなと同じアイスティックピコが嫌だという方にはいいかもしれません。

他のアイスティックピコに少し差がつけれますね。

 

ベイプ「アイスティックピコ DUAL」 

このアイスティックピコの質感はまた違った味があって良いですね。

ずっしりとした重量感があって初心者ではこのアイスティックピコは手が出せないイメージもあります。

充電地も2本使うため多少は大きめのサイズのアイスティックピコにはなりますが、最大の出力も200Wと初心者の域を超えているベイプだと思います。

このアイスティックピコを持っていたらかっこ良いです!

 

ベイプ「アイスティックピコ MEGA」 

このベイプはアイスティックピコからさらに出力を上げた80Wまで対応のベイプです。使う電池の大きさも大きな電池に対応していますが、意外とコンパクトなのが良いですね。

アトマイザーに入るリキッドの容量も4mlと大きく出先でのバッテリーの心配やリキッドの継ぎ足しが要らないのがうれしいですね。

 

まとめ 

ベイプのアイスティックピコのいろんなことを説明してみました。

これから購入される方やベイプをアイスティックピコで始めたい方の参考になれば幸いです。

おすすめのアトマイザーもこちらに書いています↓↓↓

ベイプアトマイザーのおすすめ10選!