ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

英語を勉強している人必見!勉強しても英語は上手くならない

f:id:shuldflake:20170301132245j:plain

こんばんは!ボブです。

オーストラリアへワーホリで行っていたとき、ものすごく英語を勉強している人をたくさん見てきました。

僕もその1人で仕事が休みのときは部屋にこもって、教本をひろげ、一日中英語を勉強していました。

そんな奴に限って、たいして英語は上達していなかったです。

オーストラリアにいて1年くらい経った頃、英語は勉強してもまったく上手くならないことに気づきました。

www.bobbblo.com

英語の教科書に載っている英語は誰も使わない

友達と会ったとき僕は「お疲れ」と一言目に言う癖があります。

相手も「お疲れ」と言ってきます。

仕事をしているわけでもなく、疲れてもないのにこれが挨拶の一言目で定着しているんですよね。

もし外国人が日本に来て日本語を勉強しているとして、日本語の教科書に「お疲れ」という言葉が挨拶で使われているとは書いてないと思います。

日本語を勉強している外国人からするとまったく理解できないですよね。

これと同じことが外国で英語を勉強している日本人にもあてはまります。

教本などに載っているのはきれいな英語であって、それを皆が使うかというとそうではありません。

教科書に載っていることばかりを勉強するのは、まったく意味がないと気づきました。

 

話すことに慣れれば英語は怖くない

僕たち日本人は島国ということもあって、英語を話す機会がありません。

そのため英語を話すこと自体に恥ずかしさや違和感を感じて、第一歩が踏み出せません。

僕もそうでした。

文法や発音が間違っていて、相手が理解してくれないとそれで萎縮してしまいます。

でも日本人だから英語を話せなくてあたりまえなんですよ。

間違っていても英語で話すという殻を一度やぶってしまえば、そこから英語が伸びるのを実感しました。

まず第一歩として英語で話すことに慣れることです。

WOMANオンラインDMM英会話などのオンラインでできることもたくさんありますね。

まずは話すことに慣れれば、あとは英語力はぐんぐん伸びていきます。

そうなれば英語を勉強するのは楽しくなりますよ!

 

まとめ

僕なりの意見を書いてみました。

  • 教科書ばかり見ても無意味
  • 英語で話すことになれれば怖くない

日本人だから英語を話せなくてもしょうがないと思っていました。

でも海外に目を向けてみると、英語圏ではない国の若者のほとんどがあたりまえみたいに話すのを見て危機感を感じています。

日本人はバカだと。

 

それでは!

 

広告