ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

オーストラリアにワーホリで行くなら絶対に読んでおくべき準備する物

f:id:shuldflake:20170302211856j:plain

こんばんは。29歳ギリギリでオーストラリアへワーホリで行ったボブです。

この記事を見ている方は、少しでもワーホリかオーストラリアことを興味がある方だと思います。

僕は29歳のときにワーホリ制度を利用して、オーストラリアへ行ってきました。

   「英語がわからいけど大丈夫かな」

 

   「仕事はちゃんと見つかるかな」

 

最初はこんな気持ちでしたが、オーストラリアに着いてみると、なんとかなるものでした。

そこでオーストラリアへワーホリで行った僕が、これは準備して持って行って良かったというものを紹介します。

国際免許証

f:id:shuldflake:20170302215215j:plain

オーストラリアはめちゃくちゃでかい国です。

都市部に住んでいない限り車が必要となってきます。

仲良くなった人とシェアして車を買うこともできて、そのときに免許を準備していればバッチリ。

僕の場合は、ファームジョブを中心としていたので、季節と農作物で地域を選んで車で移動していました。

いろんな地域を見たい方、旅好きな方にはおすすめです。

 

日本の免許証だけ持っていっても大丈夫

日本の免許証を持っていけば、オーストラリアの日本領事館・大使館でオーストラリアの免許証に切り替えることも可能です。

しかも切り替えた免許証は身分証としても使えました。

ただし、オーストラリアで切り替えると90オーストラリアドル(約7500円)ほどで、日本で国際免許証を取っていけば2700円で済みます。

費用と免許切り替えにかかる手間を考えると、日本で国際免許証を準備してていったほうが楽ですね。

 

SIMフリーのスマートフォン

 

SIMフリースマートフォンがあれば、SIMカードだけ購入してすぐに使うことができます。

仕事を探すときなど必須アイテムですのでこれは持って行きたい。

 

ポータブルハードディスク 

 

1TBのポータブルハードディスクを僕はたまたま持っていました。

僕はファームジョブを中心としていたので、仕事中に聞く音楽を知り合った日本人にコピーさせてもらって聞いていました。

漫画や映画もたくさんもらって、休みの日などに見て過ごせます。

ファームは田舎が多いので、休みの日はいかに時間をつぶせるかが大事になってきます。

 

クレジットカード

f:id:shuldflake:20170302223657p:plain

楽天カードは年会費無料で海外保険もついて持っているだけで安心できます。

Manepa Cardも年会費無料で現地のATMで現金もおろすことができる優れもの。

JALカードは貯まったポイントをマイルへ変換することができ、海外へワーホリへ行く方にはオススメのカード。

僕はクレジットカード3枚準備して、上手く使い分けていました。

 

サングラス 

f:id:shuldflake:20170302230228j:plain

必須アイテムです。

日差しはハンパなく強く、車を運転するとなれば絶対必要となります。

おしゃれサングラスより、スポーティなタイプのほう準備いしたほうが良いと思いました。

 

テント

 

ファームで仕事をしていたとき、宿代を浮かすためにテントを張らせてもらい、自給自足みたいなことをしていました。

ワーホリでお金を貯めたいという方、車を買う予定の方はテントを準備していると重宝します。

無料のキャンプサイトも数多くあるオーストラリアでは何度も使いました。

 

フリスビー 

 

仕事終わりや仕事が休みのときは一日中やっていました。

田舎に行くと何もすることがないので、体を動かすのとついでに楽しめます。

競技用の良いやつがあれば尚良し!!

 

帽子

f:id:shuldflake:20170302233056j:plain

オーストラリアはすごく暑い国です。

ワーホリで行く方はファームジョブをされると思います。

オースラリアで買うのもいいですが、自分にあった気に入ったものを準備して1つ持っておくとOK。

 

まとめ

この記事を書く前は、いろいろと準備したほうがいいものが頭に思い浮かんだのですが、書いている途中で忘れました。

思い出したら追加で書いていきます。

考えているだけでワーホリでオーストラリアまた行きたくなりました。

20代の方がホントに羨ましいです。 

 

それでは!!

広告