ボブボブログ

ベイプ's Journey

英語,映画,ベイプ,海外のことを書いてます。

保険に入らないワーホリの準備は「アレ」をやっておかないと大変なことになるよ

f:id:shuldflake:20170507082242j:plain

これからワーホリへ行かれる方は準備にいろんな物を思い浮かべると思います。

オーストラリアにワーホリへ保険も入らないで行った経験から、これだけはやっていて欲しいことを1つだけ提案します。

ぼくはこの準備をやっていなかったせいで、とんでもなくつらい日々をワーホリ中に送ってしまいました。

ワーホリへ行く準備の1つとして、ぜひ参考にしてもらいたいです。

ワーホリの準備の「アレ」とは歯医者に行ってほしい

f:id:shuldflake:20170609185357j:plain

ワーホリ中の2年目のことでした。

いきなり親知らずが猛烈に痛くなり仕事もできなくなったんです。

少々のことでは平気ですが、ワーホリ中の歯の痛みだけはどうにもできませんでした。

痛み止めを買って飲んでも全然効かないし、歯の痛みから頭痛まで移ってしまい、最悪の日々をワーホリで過ごしました。

ワーホリの出発前に準備の一環として歯医者に行っていれば、こんなことにはならなかったはずです。

 

オーストラリアの歯医者は保険が適用されない

ワーホリ中に1週間くらい親知らずの痛みが引かず、寝ることもできなかったので、ネットで歯医者を調べて電話で問い合わせました。

あまりお金の準備がなかったので、とりあえずいくらで治療できるのかを知りたかったんです。

4つか5つの病院に聞いてみると、だいたい$3000~$6000(25万~55万円)ということが分かりました。

これはただ親知らずを抜くのに掛かる費用です。

オーストラリアでは歯医者は保険は適用されず、この金額になってしまうそうです。

調べて見ると、オーストラリア人は歯医者に行かないために、歯のケアには十分に気をつけているそうです。

噂で聞いたのが、オーストラリアの水道水にはフッ素が含まれている地域もあるそう。

これは虫歯予防のためですね。

 

ワーホリの準備として「歯医者」には絶対にいってほしい(保険に入る入らないは関係なく)

f:id:shuldflake:20170609192917j:plain

これからワーホリの準備をやってる人には強く言いたいです。

準備の一環として歯をチェックして、問題があればしっかり治療していかれることをおすすめします。

ワーホリに行く準備もいろいろ考えるでしょうが、たいていのものはオーストラリアで購入できます。(高いですが)

歯医者のために何十万円も使わないよう注意して欲しいです。

 

 

ワーホリで保険料を無料にできる裏技も書いてます↓↓

www.bobbblo.com

それでは!!

広告