ベイプ CBDリキッドのおすすめは?デメリットも紹介

スポンサーリンク
※本ページはプロモーションが含まれています※

※このサイトはアフィリエイトプログラムを利用してます※

ベイプの人気と共に世界的にも需要が高まっているCBDリキッド。

睡眠の質で悩んでいる方や日々のストレスが溜まっている方におすすめです。

最近では日本でもCBDリキッドの認知度が高まってきて、ネット上以外でもリアル店舗や百貨店などでも目にする機会が増えています。

ここではCBDリキッドとは何なのか、CBDリキッドの基本的な情報やメリット・デメリット、おすすめ商品などを紹介します。

 

 

ベイプ CBDリキッドとは?おすすめは?デメリットも紹介

CBDリキッドとは、電子タバコ(ベイプ)で使用する専用液「リキッド」にCBDという成分を含ませたものです。

一体、CBDリキッドとはどのようなものなのでしょうか。

まずはCBDという成分は何か、現在注目を浴びているCBDの効果について詳しく解説します。

 

CBDとは大麻植物に含まれる有効成分の一種

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で大麻植物に含まれる成分の1種です。

大麻植物には100種類以上のカンナビノイド(大麻植物が含有する有効成分の総称)を持つといわれていて、その1つがCBD(カンナビジオール)というわけです。

このCBD成分を体内に摂取することで身体調整機能の働きを正常化させ、睡眠の質や日常の感情抑制、免疫などに良い影響を与えます。

この成分が海外では注目されていて、いろんな病気に対しての研究も活発に行われるようになりました。

 

CBDリキッドは違法ではないのか?

日本で大麻と聞くと違法な薬物を連想した方は多いはずです。

CBDリキッドも危ないものなのでは?と思ったかもしれませんが、日本の法律ではCBDは合法です。

現在の日本の大麻取締法には以下のように記されていて、大麻草の茎及び種子から抽出されるCBDに違法性はなく、安全性に問題はありません。

この法律で大麻とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

出典:大麻取締法 第一章 第一条より

 

違法な成分はTHC

アメリカなど合法的に利用されている「大麻」には、THC(テトラヒドロカンナビノール)と呼ばれる成分が含まれています。

このTHCはCBDと同じく大麻に含まれるカンナビノイドの1種ですが、CBDと異なるのは摂取することで気持ちの良い精神状態を生み出し、一般的に言う「ハイ」な状態を引き起こすことです。

海外では合法化が進んでいますが、日本ではこのTHCが違法成分として規制の対象となっています。

CBDが種でTHCが主に抽出されるのは花や葉です。

 

CBD成分は医療の分野で期待を持たれている

国内ではあまり話題にあがりませんが、海外ではCBDにさまざまな効果が期待されていて、日常生活での活用だけではなく、特に医療分野での期待が注目されています。

1つの例を挙げると、「てんかん」によって生じる発作をCBDの摂取によって抑制したという症例が報告されているのは有名な話です。

残念ながら日本では、海外で承認のCBDの医薬品の使用は禁じられていますが、CBD成分を含んだ飲料やサプリメントは流通するようになりました。

2020年6月には、繰り返してんかん発作がひどかった生後6ヵ月の男児に、市販のCBD製品を投与したところ、発作症状が消えたとの報告が日本臨床カンナビノイド学会よりされ、海外学術誌に掲載されました。

これはCBD成分がてんかんに著しく効果があったとする日本初の症例報告となりました。

てんかん以外にも、うつ症状や糖尿病などさまざまな疾患に対する効果が期待されています。今後、CBDの効果を示す症例が増えれば、医療の分野での医薬品としての活用も認められていくかもしれません。

関連:難治てんかんに合法的大麻由来サプリメントが著効

 

CBDリキッドはストレスによる不眠、皮膚トラブルも期待と注目

CBDリキッドが注目されているのは、ストレスの緩和、不眠症の改善、皮膚トラブルなどです。

ECSは体のいろんな機能を調整する働きを持っています。ですが、加齢などの強いストレスが原因で「カンナビノイド欠乏症」を引き起こすこともあります。

カンナビノイド欠乏症は、さらなるストレスや不眠などさまざまな症状をもたらしますが、CBDを摂取すればECSの働きを正常に戻せる可能性があるのです。

さらに、CBDにはニキビなどの皮膚トラブルを改善に導く抗炎症作用もあるといわれています。抗酸化作用も期待でき、皮膚に直接塗るCBDを含んだクリームも販売されています。

女性で利用している方も少なくはありません。

 

CBDリキッドのフルスペクトラムとは一体なに?

CBDリキッドの概要にフルスペクトラムと書いてあるのを見たことがあるかと思います。

フルスペクトラムとは、全ての範囲という意味で、CBDリキッドはCBD以外のさまざまなカンナビノイド成分も全て含んでいることを指します。

カンナビノイドはCBDのみで摂るよりも、複数の種類で摂るほど成分同士が相乗的な効果を生み出し、より高い効果が得られます。

もちろん高い効果が期待できる分、フルスペクトラムのCBD商品は高価になりますが、CBDの効果を高めたい方にはフルスペクトラムがおすすめです。

 

ベイプCBDリキッドのメリット・デメリット

 

CBDリキッドのメリットは?

  • ベイプなら摂取の効率が良く、効き目の体感も早い
  • 手軽に休憩がてら摂取できる
  • ニコチンなしのベイプでも満足感がある

 

ベイプなら摂取効率が良く、効き目の体感も早い

口から直接CBDオイルを摂取した場合の生体利用効率は15~20%程度に対して、ベイプでCBDリキッドを摂取した場合は40~50%と言われており、摂取量に対する効き目がかなり違います。

ここで勘違いする方が多いですが、VAPE用CBDオイルというのは基本的にありません。

普通のCBDオイルをVAPEで気化させて摂取すると、かえって体に悪影響を与える可能性がありますので注意が必要です。

必ずCBD E-liquidなどと表記されている製品を使用しましょう。

 

ベイプならいつでも手軽に吸える

CBDリキッドの場合、ベイプを使って蒸気化したものを吸引して摂取します。

そのため仕事の休憩中などにもCBDを吸入ができるというのも魅力です。

普通に持ち歩けば、仕事の合間や休憩中にも気軽にCBD吸引ができます。

 

ニコチンなしのベイプでも満足感がある

CBDを摂取するとリラックス効果が得られるといわれています。

普通のタバコや加熱式タバコによって強い依存性のあるニコチンを摂取しなくても満足感が得られるため、禁煙したい方にもベイプはおすすめです。

 

ベイプCBDリキッドのデメリット

  • CBDリキッドOKのVAPEが必要
  • 効き目が切れる時間が早い

ベイプを使ってCBDリキッドを吸う時の温度設定は非常に重要で、正しい温度でないと吸引時に喉を痛めることがあります。

そのため、CBDリキッドを使う際はCBD専用のベイプが必要となります。

CBDリキッドは、摂取してから効果を感じるまでは早いですが、効き目の持続時間が短いというデメリットがあります。

就寝前に摂取してぐっすり眠りたいという方は、持続時間の長いベイプのCBDリキッドよりも直接摂取するCBDオイルが向いているでしょう。

 

ベイプを使ったCBDリキッドの吸い方の注意点

 

ベイプを使ってCBDリキッドを実際に利用する際の注意点を解説していきます。

正しい吸い方でCBDの効果を実感できるようにしましょう。

 

CBDリキッドの温度設定

ベイプを使ってCBDリキッドを使用する時はベイプの加熱温度の設定が重要となります。

高い温度でCBDを加熱してしまうと有効成分が燃焼し、効果が薄まってしまいます。

CBDリキッドの温度設定は180~220度が適しているので、CBD専用のベイプや温度設定の可能なベイプを使うようにしましょう。

 

吸い込んだら肺にしばらく溜めて、ゆっくりと吐き出す

CBDリキッドを使う目的は、CBDを肺の毛細血管を通じて体内に吸収していくことにあります。そのため、蒸気を吸い込んだら、しばらく肺に溜めた状態でゆっくりと吐き出しましょう。

 

CBDリキッドのベイプおすすめ

 

吸うCBD(カンナビジオール)、高品質な日本製「CBDリキッド」。
超高濃度60%から3%まで選べるCBD濃度。
イメージモデルに「ボブ・サップ」を起用しました。

 

「CBD」は「より高濃度」の方が人気が高い商品です。
一般的な濃度は1~5%と言われていますが、
プラスウィードではよりCBD感の強い最大濃度60%をご用意しております。
※「麻」の成熟した茎から抽出された「CBD」です。

 

ライトユーザー向けのCBD濃度3%、5%、10%商品はカートリッジ1箱3本入りが安価でコストパフォーマンスに優れいています。

コアユーザー向けの超高濃度最大60%を用意しております。

CBDリキッド吸煙用に設計された高性能ヴェポライザーはCBDが焦げるのを防ぎ、CBD感がより期待できます。
通常のVAPE本体はCBDリキッドに適しておりません。
また、充電可能で繰り返し使用できます。予熱機能や電圧の切り替え機能を搭載。

CBDフルスペクトラムはCBDの他に数多くのカンナビノイド類を含んだ成分を配合し、CBD商品より高価な製品になります。

ストレス社会にリラックスを。

 

高品質な日本製CBDリキッド【+WEED】

 

タイトルとURLをコピーしました