ベイプvape's Journey

ベイプvape's Journey

ベイプvape(電子タバコ),アトマイザー,リキッドmodおすすめ

クリアロマイザーおすすめ人気の5選!手軽に使える味重視のものを厳選【2019年最新】

f:id:shuldflake:20170718041517j:plain

ベイプを始めたばかりの人にはクリアロマイザーの使用をおすすめします。

とにかく使い方が簡単で何の知識もなくても手軽に楽しめて、見た目もすっきりとしているからです。

ただしクリアロマイザーと言ってもどんなものを選んだら良いのか難しいと思うので、クリアロマイザーの特徴や選び方、人気のおすすめのものを紹介します。

まずはクリアロマイザーから使ってみたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

クリアロマイザーとは!?

クリアロマイザーおすすめ

クリアロマイザーとは、コイルユニットを交換するだけで使える最も簡単に扱えるアトマイザーのことを言います。

クリアロマイザーはタンク部分に透明なガラスを採用しています。

一般的にはプラスチック製やガラス(パイレックスガラス)製のタンクを使用していて、リキッドを溜めておくことが可能です。 

 

クリアロマイザーを選ぶときの注意点 

クリアロマイザーを選ぶときにには、ガラス部分がパイレックスガラスを使用しているものを選びましょう。

プラスチック製のガラスだとメンソール系のリキッドを使用したときに、プラスチックが溶けて味に影響することがあるからです。

ただし最近ではどのクリアロマイザーにもパイレックスガラスが使用されています。

 

クリアロマイザーを使うメリット・デメリット

メリットは使い方が簡単で安定した煙や味を楽しむことができます。

デメリットは消耗品であるコイルを購入し続けなければなりません。

コイルの交換頻度は約2週間前後になり、ひと月にコイルを2つ消耗することになります。

 

クリアロマイザーおすすめ3選!2019年最新

クリアロマイザーおすすめ2019

ここからはベイプショップのスタッフさんに聞いた2019年のおすすめクリアロマイザーの紹介です。

実際に売れているクリアロマイザーで、評判の良いものばかりを集めてみました。

 

Aspire アトランティス エボ 

クリアロマイザーの代名詞ともいえる「アトランティスEVO」です。

トップフィルリキッド構造と過剰供給防止システムで液漏れ対策万全なクリアロマイザーで、安心して使用できます。

さらにガラスタンクを交換することでスマートな2ml、大容量の4mlを切り替え可能となっています。

 

Joyetech CUBIS PRO Atomizer

上部の部品を外すだけで、リキッド注入やコイル交換ができる革新的なカップ型デザインのクリアロマイザー。

ノッチコイルで爆煙を楽しんだり、1.5ΩでMTLでまったりと吸ったり、 SSで温度管理、コットンが焼けてもQCSならコットンだけ交換できる万能なクリアロマイザーおすすめです。

 

Aspire Triton2 

初期付属コイル0.5Ω×1、1.8Ω×1の2種類のコイルにより、爆煙と味を楽しむ両方とも美味しいクリアロマイザーです。

アイスティックピコに付けて使っている方が多く、トップフィル構造で便利なのですが、穴が小さいので、スポイドの細いのが必要になります。 

 

クリアロマイザーmtlタイプおすすめ

クリアロマイザーの中でもmtlタイプのものも選んでみました。

MTLとは「口から肺に」という意味で、その通り最初に口に煙を入れて、そのあと肺に入れるスタイルです。

タバコの一般的な吸い方がMTLです。

ベイプでは蒸気を口の中にためるため、MTLのほうが味をより感じることができます。

MTLで吸う場合には抵抗値は高め、ワット数は低めに設定し、ドリップチップは細めを使用するのがベストです。 

 

Aspire Nautilus 2S Tank クリアロマイザーMTL 

曲線美で魅力的なデザインのMTLとDL用の2種BVCコイル両方を使用できるクリアロマイザーです。

リキッドの味を重視したい人には人気のアトマイザーで、エアフロー微調整が可能なため好みの吸い方ができるのが特徴です。

 

MTL Vapefly Nicolas MTL クリアロマイザー 

Vapeflyからプリメイドコイル交換式のMTLに特化した フレーバーチェイサー(味重視)のクリアロマイザーです。

タンクは3ピースで独立するタイプとなっている為、リキッドが残っていてもコイル交換可能です。

エアフローはエアフローリングで調整可能。5つの穴で開き具合が分かりやすくなっています 

 

クリアロマイザー22㎜おすすめ

クリアロマイザー22㎜

おすすめのクリアロマイザーの中でも22㎜直径の紹介です。

やはり22㎜のサイズが最も需要があり本体のサイズ感と合わせやすいですからね。

 

Aspire (アスパイア) Cleito Tank22㎜ 

爆煙仕様のAspire Cleito Tank サブΩのクリアロマイザーです。

煙の量、質共に高く、味もしっかり出ます。バランスよく性能がチューンされた優秀なクリアロです。
アップグレードしたいけど何を選んだらいいか分からない場合はとりあえずコレで間違いありませんね。 

 

Joyetech unimax22㎜

TFTA (top-filing and top-airflow)技術のアトマイザーはトップフィル、トップエアフローのため液漏れしにくくリキッド補充も簡単な構造になっています。

22㎜のクリアロマイザーなので、どの本体にも合わせやすく、使いやすいと評価の高い一品です。

 

Vaporesso ESTOC TANK 2ml 22mm 

コイルは従来のねじ込み式ではなく、取り外しが簡単な上下のパーツで抑えておくタイプです。

爆煙仕様になっていてデザイン的にはMELO3やCleitoにも似ているので、istick picoやK4などとのセットにもぴったりです。

 

クリアロマイザー25㎜

Eleaf ELLO Atomizer 25㎜

Eleaf ELLO Atomizer(イーリーフ・エロー・アトマイザー)です。 太さが25mm径ある、爆煙アトマイザーです。

トップキャップがスライドする新方式でリキッドチャージが楽々で、リキッド容量は2mlですが、付属パーツとガラスで4mlに変換可能です。 

コイルユニット式の25㎜は本当に珍しいですね。

 

Eleaf メロ4アトマイザー 25㎜

便利な収納式トップフィルデザインを採用したEleafのメロ4です。

最適なフレーバーを備えた全く新しいEC2シリーズコイルと巨大な雲のための二重調節可能な底部気流がとても使いやすいです。

簡単なクリーニングのための取り外し可能な構造になっていて、使用者に寄り添った設計が特徴です。

 

クリアロマイザー洗浄には超音波がおすすめ

クリアロマイザーの洗浄

クリアロマイザーにかぎらずアトマイザーの洗浄には悩まされます。

ある装置を使えば実は簡単にできるので、別の記事を参考にしてみてください。

これまで苦戦していたアトマイザーの洗浄がいとも簡単にできますから。

 

www.bobbblo.com

 

クリアロマイザーおすすめのまとめ

いろいろなクリアロマイザーを紹介しました。

しっかりと確認して本体や使い道に合ったクリアロマイザーを選ぶようにしましょう!

 

www.bobbblo.com