ハイデルベルク城に行くならバスよりも歩いていくのがおすすめ!所要時間30分

ハイデルベルク城に行くならバスよりも歩いていくのがおすすめ!所要時間30分

ドイツのハイデルベルク城は5大城の1つにも数えられ、一度は訪れてみたいと思います。

ハイデルベルク城へ行くには駅からのバスが2ユーロくらいで出ていますが、30分程度歩けば十分に行くこともできるので歩いて行かれることをおすすめします。

ハイデルベルクの街は城を見る以外にほとんどやることがなく、時間もあまると思うので、旧市街あたりをゆっくり見て回るのも面白いです。

 

ハイデルベルク城には歩いていくのがおすすめ

ハイデルベルク城のあるハイデルベルク駅は、ほとんどがお城を見に行く観光客ばかりです。

かなり田舎の方にありホテルも少ないので、フランクフルトあたりから日帰りでも十分にお城を見に行くことは可能です。

というよりも泊まるよりも日帰りで観光にくるところです。

 

駅には荷物を預けられるロッカーもあり、大きなキャリーケースがあっても問題なく観光できます。

日帰りで来る人も多いので、多くの人がロッカーに荷物を預けていました。

6時間くらい預けても4ユーロくらいなので、他の大きな駅と比べるとだいぶ安い感じがしました。

 

駅を出たすぐのところにハイデルベルク城行きのバスが20分おきくらいに出ています。

往復切符を買っても3ユーロか4ユーロくらいで、バスでお城に行く場合には5分程度で着いてしまいます。

ハイデルベルク城は岡の上に立っているお城なので、歩いていくのがきつい人には、バスの方が良いかもしれませんね。

 

ハイデルベルクは学生なんかも多い街になり、多くの自転車が駅前に停まっています。

自転車が好きな人はレンタル自転車でもいけますが、最後の方が坂道の登りばかりなのでおすすめしませんけどね。

駅前は綺麗に掃除してあって観光客が多く来る街なのに、清潔感が溢れていました。

 

有名な観光地を楽しみにしていってもゴミだらけでがっかりする観光地もたくさんありますからね。

 

ハイデルベルクの駅からお城までは一直線に真っすぐいけば着くので簡単です。

歩いている人も多くいるので、流れについていけば大丈夫。

 

途中に旧市街もあり散歩がてらに歩いていくのは、気持ちよかったです。

古い町並みと新しいテクノロジーが上手くミックスしている街でもありました。

 

 

開けた大通りを10分くらい歩いていると、いきなり旧市街の街の中に入っていきます。

緩やかな坂道になっていますが、車の通りも多くはなく散歩道にはぴったりです。

 

 

旧市街に入ったくらいの場所にハイデルベルク城に行くまでの、ケーブルカーの看板も見かけました。

上の看板がケーブルカー+お城=7ユーロとなっていますよね。

 

下の看板には歩いていく+お城=7ユーロで値段が同じなのが気になります。

 

 

ハイデルベルク城の看板に沿って歩いていくと途中から階段になっていきます。

ここから1段階上に上がって、そのあとも少しずつ上っていくような感じです。

 

このあたりの家は古い様式のドイツ家なので、見ていても飽きずに気持ちよく歩くことが出来ました。

 

 

規模は小さいですが、刑務所みたいな建物の横を通っていきます。

少しだけ道に迷ったので学生っぽい人に声を掛けると、すごく丁寧に教えてくれました。

ドイツ人は本当に親切で、若いうちから英語がペラペラなのが関心してしまいます。

 

日本の教育とはすでに差が出ているような気もして、特に北欧では高校生くらいでも3か国語くらいを話すのが当たり前になっています。

 

旧市街のメインの広場です。

このあたりの郷土料理を食べられる店が多く、15ユーロくらい出せばランチが食べれます。

 

何屋さんなのかわからないですが、外におけるクッションは最高に欲しいです。

どんな体勢でも作れるのが良いですよね。

 

あれから階段やちょっと急な坂道を登ってハイデルベルク城に着きました。

 

お城の周りにもレストランやカフェが多くあるので、休憩がてらにゆっくりするのも良さそうです。

 

ハイデルベルク城からの旧市街の景色は最高でした。

 

お城は日本でもドイツでも遠くから見るのが白っぽく見えるので、あとで遠くに見えている橋まで歩いてみました。

ハイデルベルク城の全体に写真が欲しいのもあります。

 

オレンジ色の屋根で統一されているのがヨーロッパっぽくて綺麗です。

地域によってはソーラーパネルを設置しているところもあるので、この景観は少しずつ失われていくと思います。

 

イタリアなどでは政府がソーラーパネルの80%くらいを負担する法律があるので、イタリアのオレンジ屋根は多くがソーラーパネルになってしまっています。

 

原発反対派の方が多いのがヨーロッパなのでしょうがないことではありますけどね。

 

ハイデルベルク城の中に入って思ったのが、

お城はやっぱり遠くから眺めるのが1番画になると感じます。

中に入ってみてみると壊れている個所が多く、ちょっと残念な感じもしてきましたね。

 

さっきいっていた橋まで歩いて全体像を取ることができました。

駅からハイデルベルク城までは歩けたんですが、橋までいくのは疲れますね。。。

やっぱりお城は遠くから眺めるに限ります!!