ボブボブログ

ベイプ's Journey

主にベイプvape,アトマイザー,リキッドやmodの紹介です。

ベイプmodの失敗しない選び方と人気のおすすめ7選!!

広告

f:id:shuldflake:20170711130822j:plain

ベイプmodはベイプを吸う上で非常に大事なパーツで選ぶのも慎重になりますよね。おいしいベイプを吸うにはこのmod次第で使用時間や楽しみ方が大きく変わってきます。

そこで失敗しないベイプmodの選び方とおすすめの人気のmodを紹介します。

 

ベイプmodの正しい選び方

f:id:shuldflake:20170711134336j:plain

ベイプmodとはベイプのバッテリー部分のことをいい、バッテリー容量や温度調節機能が付いているものがあります。

modの種類には2種類ありテクニカルmod、メカニカルmodと呼ばれているものです。

 

ベイプのメカニカルmodとは?

ケースの中に充電池を入れて充電するタイプのmodで、回路の保護機能や電気制御盤が付いていません。決められたmodの電圧でアトマイザーの抵抗値で調整して吸うmodのことを言います。簡単に言うとただ通電させる機能を持つmodです。

 

ベイプのテクニカルmodとは?

バッテリーが電池式で作動し、回路の保護や電気の制御盤が付いているmodです。アトマイザーの抵抗値に対して、出したい電圧や電力を調整できるため、煙の量や味を自分好みに調節することが可能なのがテクニカルmodです。

 

ベイプmodのバッテリーの容量

ベイプを家の中だけで使う場合と出先に持ち歩いて使う場合にバッテリーの容量が大事になってきます。

ベイプmodのバッテリー容量が2000mAh以上あれば外で使っても充電が切れることはなく、安心して1日中使えます。

外で持ち歩いて使う場合にはバッテリーの容量が2000mAh以上のmodを選ぶと良いでしょう。

 

知っておきたいベイプmodに取り付けるアトマイザーの抵抗値とサイズ

ベイプmodに取り付けるアトマイザーの抵抗値も知っておく必要があります。

各modには0,05~1,0Ωや0,15~3,5Ωなどの表記がされていますね。これは取り付けるアトマイザーに対して可能な調整範囲のことでこの範囲内のアトマイザーを取り付ける必要があります。

通常の爆煙と呼ばれる煙の量は0,9Ω以下が一般的でそれ以上になると味が重視の抵抗値として認識されています。

あと取り付けるアトマイザーのサイズは世界基準で510接続と呼ばれるサイズが一般的で、最近のアトマイザーやmodはこの510接続に統一されているため、どのmodでもアトマイザーの取り付けは可能となっています。

 

ベイプmodの正しい選び方のまとめ

f:id:shuldflake:20170711151306j:plain

ここでベイプmodを選ぶ際に大事なことをまとめてみます。

  • テクニカルmodがおすすめ
  • バッテリー容量の確認
  • アトマイザーとの抵抗値の確認

この3点がしっかり確認できていれば間違ったベイプmodを選ぶことはないと思います

購入の際はしっかりと確認されることをおすすめします。

 

ベイプmodの人気のおすすめランキング7選!

ベイプmodおすすめ第1位「Eleaf i Stick pico」

  • 2100mAh
  • 0,3Ω、0,5Ω 

今現在日本で1番売れているベイプmod「Eleaf i Stick pico」です。

バッテリーの容量も2600mAhで抵抗値の幅も大きいため、持ち運びにも便利で煙の量も満足できます。

 

ベイプmodおすすめ第2位「Thorvap iBox TC 60W」 

  • 2200mAh
  • 0,3Ω

温度管理機能も付いている初心者にも使いやすいベイプmodでスペックも申し分ありません。

アトマイザーの性能もよくリキッドの味も良く感じられます。

 

ベイプmodおすすめ第3位「Bedee電子タバコ40W」 

  • 1300mAh
  • 0,2Ω~3,0Ω

吸い口にもステンレスを使用しているので、メンソール系のリキッドを使っても溶けることなく美味しく吸えます。

煙の量も多く満足でき、過熱保護機能やバッテリー保護機能も付いている万能のベイプmodですね。

 

ベイプmodおすすめ第4位「ASPIRE Premium kit」

  • バッテリー容量:1000mAh
  • コイル抵抗値:1,8Ω

ベイプを始める初心者さんにも人気のベイプmodでリキッドの味が非常に良いと高評価を得ていますね。

持ち運びにも便利で吸ったときのリキッドの跳ね返りもありません。 

 

ベイプmodおすすめ第5位「Kangertech TOPBOX mini 75W」

  • 2500mAh(電池は別です)
  • 0,15Ω、0,5Ω

カンガーテックの中でも1番人気のベイプmodで温度管理機能も付いています。

トップフィル構造でタンク容量も大きいので、ズボラな方にはちょうど良いベイプmodですね。

 

ベイプmodおすすめ第6位「Vaporesso Target Pro 75W」

  • 2600mAh
  • 0,15Ω~3,5Ω 

あまり知っている方は少ないかもしれませんが、ハイスペックなベイプmodでグリップ性は抜群に良いです。

温度管理機能も付いてコイルを焦がすことなくリキッドの味をダイレクトに美味しく吸えるベイプmodです。

 

ベイプmodおすすめ第7位「ASPIRE Odyssey Mini Pegasus」 

  • バッテリー容量:2500mAh(電池は別です)
  • コイル抵抗値:0,1Ω~3,0Ω

アスパイアの中でも人気のベイプmodで王道といっても良いでしょう。

温度管理機能付きのアトマイザーが高性能でリキッドの味をダイレクトに感じられるベイプのおすすめmodです。

 

ベイプmodおすすめ第8位「INNOKIN Cool Fire 4 PLUS」

  • バッテリー容量:3300mAh
  • コイル抵抗値:0,5Ω 

見た目がかっこいいベイプmodでイノキンファンにはたまらないベイプmodですね。

スペックは文句がなく、ベイプの初心者さんにも人気のベイプmodです。

 

ベイプmodのまとめ

いろんなベイプmodを紹介してきましたが、購入の際には性能や機能を自分で十分に確認して買うことが大事ですね。

購入を考えている方の参考になれば幸いです。