ベイプvape's Journey

ベイプvape's Journey

ベイプvape(電子タバコ),アトマイザー,リキッドmodおすすめ

温度管理機能付きのMODはベイプ初心者にも安心・安全

ベイプの温度管理の付いたMODの紹介です。

ベイプのことが全く分からない人でも安全に安心して使用することができます。

温度管理が付いているMODでも、普段よりも本体が熱くなったり、異変を感じたときは使用を控えるようにしましょう。

温度管理機能についても詳しく説明しています。

ベイプの温度管理機能とは!?

f:id:shuldflake:20170901224540p:plain

ベイプに付いている温度管理機能とは、バッテリー側の電子制御でコイルの抵抗値の変化を読み取ってくれ、設定値以上に温度が上がるのを制御するシステムです。

わかりやすく説明すると、ベイプの初心者でも温度管理機能で設定しておけば、コイルを焦がしたり、焦がしてリキッドの味を落とすことがありません。

 

ベイプの温度管理のメリット

f:id:shuldflake:20170806011446p:plain

ベイプの温度管理機能のメリットは次の3つがあげられます。

  • リキッドの味を美味しく味わえる
  • バッテリーの燃費が良い
  • ドライヒットしない
リキッドの味を美味しく味わえる

リキッドによって温度が変われば、味わいが変わるリキッドが多く存在します。

普通はコイル抵抗値とバッテリー側のワット数で調整するんですが、この調整に温度管理をたすことで、リキッドの味わいをさらに美味しくすることができます。

メンソール系のリキッドとミルク系では、温度管理によってものすごく変わります。

好みのリキッドの温度を探してみるのも、ベイプを吸う上での楽しみの1つでもありますね。

 

バッテリーの燃費が良い

ベイプの煙の量や好みにもよりますが、温度管理機能を使うことでバッテリーの燃費を調整することも可能です。

温度管理機能で小さい抵抗値で仕様することで、電圧の供給を抑えることができて必然的にバッテリーの消費を抑えることができます。

煙が多く爆煙でベイプを吸いたいという方は例外ですけどね。

 

ドライヒットしない

私自身はこのことが温度管理機能の最大のメリットだと思っています。

ドライヒットとは、リキッドが供給不足になったときにコイルが発熱し、焦げて辛いリキッドが音を立てて出てくることです。

温度管理機能が付いていることで、設定温度よりもコイルの温度が上がってしまうと自動でストップをかけてくれるので心配ありません。

簡単にいうとベイプの初心者さんでも温度管理しておけば、コイルを焦がすことなくリキッドを美味しく楽しめるわけです。

 

ベイプの温度管理のデメリット

f:id:shuldflake:20170813122209p:plain

メリットだけではなくデメリットもしっかりありますね。デメリットを紹介します。

  • 温度管理対応のアトマイザーが必要
  • ちょっとした注意が必要

ざっくりとしたデメリットになりましたが、1つずつ説明してみます。

温度管理対応のアトマイザーが必要

温度管理機能を使うには対応しているmod本体と、対応しているアトマイザーの両方が必要になります。

しかし、最近ではほとんどのブランドから温度管理が付いているmod本体やアトマイザーが出ているのでそんなに心配することではありません。

サイズやデザインはアトマイザーとmod本体は合わせたいですね。

ちょっとした注意が必要

もともと温度管理機能はコイル抵抗値0,1Ω~0,6Ω前後で使用します。

なので温度管理機能をOFFにした状態で使うことや、元々温度管理の付いていないmod本体で使用すると壊れる原因となります。

特にメカニカルの場合はそれでも電気を通してしますので大変危険です。

このあたりを注意しながら温度管理は使用することが大切ですね。

 

温度管理機能付きのMODおすすめ

Eleaf iStick Pico 75W スターターキット (バッテリー付き)

  • 標準対応抵抗値:0.1-3.5ohm
  • 温度管理時抵抗値:0.05-1.5ohm 
  • タンク容量:2.0ml
  • エアフロー機能搭載
  • トップリフィル構造

なんといっても最もおすすめのMODは「アイスティックピコ」です。温度管理はもちろんすべての操作が簡単で、どんなアトマイザーにも合わせやすいベイプです。手にすっぽりと納まるコンパクトサイズで、18650サイズのバッテリー1本使用ですので、バッテリー劣化時もバッテリーを交換するだけと経済的です。

 

Kangertech Topbox Mini

  • 【出力電力】7~75W(推奨W数18~70W)  
  • 【仕様最小抵抗値】0.1Ω
  • 【温度範囲】摂氏100~300度、華氏200~600度
  • 【タンク容量】4ml  

シンプルな設計と使い心地、スタイリッシュでコンパクトな本体デザイン、多数のユニークなリキッドなどが次々と誕生したことで、実にさまざまな味や香りをファッション感覚で気軽に楽しめるベイプです。安心の温度管理機能も付いてリキッド本来の味を感じられる1本です。 

 

KIMSUN SK40

  • 抵抗値:0.2Ω
  • 推奨ワット数:25w-35w
  • 接続部分:510規格・エアフロー機能搭載
  • ドライヒット防止機能
  • スピットバック防止機能 

タンクを分解せずにそのままリキッドをチャージする事ができるレボタンクフィリングシステムを搭載しており、リキッドチャージの際の面倒臭さを完全に無くすことに成功したベイプです。トップエアフローシステムの同時採用によって超爆煙を維持した状態で比較的低温でクリアな味わいを実現できる温度管理の付いたベイプです。

 

THORVAP 80W 温度管理

  • 回路ショート防御
  • 逆バッテリー防御
  • 高温防御
  • 過充電防御 

自分なりの吸い習慣により高低温調整することが可能で、電力設定モード(POWER MODE)を搭載します。W数を小数点一位まで調整出来る為、水蒸気量を細かく調整すること可能で、リキッドの風味を細かく設定もできます。温度管理の付いたベイプで最も美味しいと評判のベイプです。 

 

Aspire Odyssey Mini Kit Pegasus Mini

  • 【温度設定範囲】華氏200~600°F(摂氏100℃~315℃)
  • 【使用可能コイル】Ni(ニッケル)、Ti(チタン)
  • 【使用可能抵抗値】0.15Ω~
  • 【バッテリー】IMR18650(連続放電MAX[20A]以上推奨) 

上級者を唸らせる程の味の良さと、味重視派におすすめの濃くておいしいミストを味わえるベイプです。超軽量のアトマイザーとバッテリーユニットが揃ったスターターキットです。無料でバッテリーとステンレスドリップチップ付きなのも嬉しいですね。

 

Joyetech eVic VTC Dual with ULTIMO

対応可能抵抗値

  • 0.05Ω~1.0Ω(VTmode)
  • 0.15Ω~3.5Ω(VW mode)(Bypassmode) 

eVic VTC Dualは、75Wから150Wと好みに応じて最高出力が変えられるように電池の本数を1本または2本と切り替えられるバックカバーが特徴です。ULTIMOアトマイザーには、新しいトップ・フィリング・システムと進化したエアフローコントロールが取り入れられています。持ちが良くリキッドの質も落ちない画期的なコイル「MGセラミック0.5Ω」など新しいMGシリーズのコイルが快適に使えます。 

 

IJOY Cigpet Ant starter kit温度管理

  • エアーフロー:ボトムエアーフロー
  • ファームウェアアップデート可能
  • フル温度管理機能
  • Ni200、チタン、ステンワイヤー対応

欧米で人気を博している電子タバコ(VAPE)ブランド「iJOY」から最新機「Cigpet Ant Starter Kit 80W」温度管理の登場ですね。手の中にすっぽり収まるコンパクトサイズの「ボックスMod」に同ブランドの最新アトマイザーをセットにしたスターターキットとなっています。まだ使っている人も少ないので他と一緒が嫌だという方にはオススメ。

 

Aspire Speeder Revvo Kit

  • 出力範囲:1W〜200W、0.1V〜8.4V
  • 抵抗値:0.1Ω〜3.5Ωまで使用可能
  • CPSで出力の波をカスタム可能
  • 温度管理機能(TC Ni・Ti・SS/TCR M1、M2、M3) 

自分でコイルを作るRBAを凌駕する濃厚な煙と味を作りながらも、コイル交換も簡単で液漏れに強く、一般的なクリアロマイザーの快適さや手軽さを兼ね備えています。温度管理も付いてタンクを開ける事なく(フタの開閉すらなく)リキッド注入が可能で、手も全く汚れません。電池付きのお得なスターターセットです。 

 

Eleaf istick Pico X 75W

  • 0.1Ω-3.0Ω (VW/Bypass mode)
  • 0.05Ω-1.0Ω (TC-Ni/Ti/SS/M1/M2/M3 mode)
  • モード VW / Bypass / TC-Ni/Ti/SS/M1/M2/M3 mode

小型で可愛らしいフォルムにもかかわらず75Wまでの出力性能と爆煙流行の名機種の一つと言っても過言ではないPicoが原点に戻してコンパクト化でカムバックです。これまでにBF対応のSqueezeや25mm対応のPico 25と比べても温度管理も付いてしっかりと味わいを堪能できます。

 

まとめ

温度管理機能はリキッドを美味しく、コイルを焦がさずにコスパよくしてくれる機能です。せっかくベイプを楽しむなら温度管理機能が付いたベイプを選びたいですよね。

 

おすすめのベイプも紹介してます

➡➡ベイプのおすすめ人気のランキングTOP10!【見逃し厳禁】

www.bobbblo.com

 

おすすめのリキッドも紹介

➡➡ベイプ(電子タバコ)Vapeのリキッド人気おすすめ!!【2019年】

www.bobbblo.com