ベイプvape's Journey

ベイプvape's Journey

ベイプvape(電子タバコ),アトマイザー,リキッドmodおすすめ

ベイプのおすすめ人気のランキングTOP10!【見逃し厳禁】

ベイプのおすすめランキング

ベイプおすすめで人気の紹介記事です。

アマゾンや楽天のおすすめの売れ筋をランキング形式で紹介します。

加熱式タバコの「アイコス」「グロー」「プルーム・テック」とは違って、リキッドを使用してノンニコチンでフレーバー付き蒸気を楽しむのがベイプです。

副流煙を気にすることなくどこでも手軽に吸えるということで喫煙者のあいだでも主流になりつつあります。

ベイプの売れている人気のおすすめを知りたい方の少しでも参考になれば幸いです。

目的別のベイプの正しい選び方や、関連することも詳しく紹介しています。

ベイプおすすめ人気ランキング

初心者向けおすすめ「Aspire PockeX AIO ポケックス」

初期費用が安く1つボタン操作 
ベイプおすすめ

ベイプがどんなものかちょっと吸ってみたい人におすすめ。

難しい操作はなく面倒な手入れやメンテも要らないポケックスです。

サイズもコンパクトで持ち運びにも便利、構造上によりリキッド漏れもしないすごく気軽に使えるベイプです。アスパイア公式サイト

 

Kangertech K-PIN Mini

吸い口を出し入れできる清潔 

コンパクトサイズで持ち運びに便利で吸い口をしまえるのが特徴です。

エアフローの穴も上部に付いているのでリキッド漏れの心配もありません。

リキッドの味もよく出ると好評で、充電も1日中持つベイプなのです。 

 

とにかく爆煙を楽しみたい「ヌンチャク」

温度管理機能が付いた安心ベイプ 
ベイプおすすめ

チューブタイプで温度管理機能が搭載されたヌンチャクです。

とにかく爆煙を楽しみたいならこれくらいのスペックのベイプがおすすめ。

一見扱うのが難しそうに感じるかもしれないですが、初心者の人でも十分に扱える爆煙のベイプです。

重量感がありずっしりとして見た目の高級感もあります。UWELL公式サイト

 

デザイン重視「Kangertech Topbox Mini」

ボックス型でも手にフィットする 
ベイプおすすめ

アメリカでは最も人気の高いカンガーテックの温度管理ボックスベイプ。

異なる材質のコイルに対応の簡単に扱えるタイプです。

本格的にベイプしたい方におすすめで、タンク容量も大きく何回もリキッドを注入する手間もありません。カンガーテック公式

 

プルームテック カプセル対応「JustFog Q14」

味に定評があり知識が不要 

プルームテックカプセル対応のベイプで少しずつ禁煙したい人に人気です。

好みのリキッドと組み合わせることでオンリーワンの味を楽しむことができ、初期費用も安いので安心です。

手のひらにすっぽりと収まるサイズ感で邪魔にもなりません。 

 

ベイプ選びに迷ったら「イーリーフi stick pico」

安定の人気NO1 
ベイプおすすめ
画像出典:Eleaf

ベイプを始めたいけど迷っている方におすすめなi stick picoです。

使い方やサイズ感と評判もすべて安定して上々なベイプで、購入して後悔することはありません。

「ボックスMOD=デカイ」というイメーシを覆すコンパクトなサイズ感でありながらハイスペックな基盤を搭載したベイプで、幅広く楽しめるおすすめベイプ。Eleaf公式 

 

爆煙のベイプおすすめ

爆煙のベイプおすすめ

せっかくベイプするなら爆煙を楽しみたいと思うでしょう。

カートリッジ式や普通のタバコでは味わえない煙の量を体感できますから。

ベイプを爆煙で楽しみたい方に爆煙のおすすめベイプを紹介します。

ベイプ爆煙おすすめ「ヌンチャク」

チューブタイプでは圧倒的な煙量を誇る爆煙のおすすめヌンチャクです。

ずっしりと重量感もありチューブタイプなのにテクニカルMODという優れもの。扱いも難しくはなく誰でも使えるので、爆煙のベイプで最もおすすめです。

 

爆煙ベイプおすすめ「Aspire EVO75」 

味にも定評があるアスパイアの爆煙ベイプ「EVO75」です。

爆煙ベイプといえばアスパイアを思い浮かべる人も多く、リキッドの味もしっかりと出る高性能なおすすめ爆煙ベイプです。リキッド漏れもなく評判が良いベイプです。

 

爆煙ベイプおすすめ「THORVAP 80W」 

本体価格が安くて爆煙が楽しめる「THORVAP」です。

最大出力80Wに加えて使いやすさ、爆煙の心地よさ全てにおいて高評価のおすすめ爆煙ベイプです。 

爆煙のベイプおすすめ。タイプ別に選び方も紹介 

 

vape(ベイプ)とは??

おすすめのベイプランキング

ベイプとはヴェポライザーが由来となっている造語でタバコと違い、水蒸気を作り出し吸うので体に害はなく副流煙も気にせずに吸える電子タバコをベイプといいます。

葉っぱを直接燃やすわけではないので、燃焼時に発生する体に害のあるタールや一酸化炭素などの有害物質を含まない水蒸気を発生させるので健康被害はありません。

タバコとは違い、歯も汚れず肺にも負担がかからず周りにも迷惑がかからない電子タバコがベイプというわけなんです。

副流煙による周りへの迷惑はかからないとは言っても、爆煙の場合だと煙の量がすごいので嫌がる人も中にはいます。

 

ベイプの種類は!?

ベイプのおすすめランキング

ベイプは大きく分けて2種類に分類されます。

1つは簡単に使えるカートリッジ交換式のコンパクトなベイプです。

もう1つはリキッドを自分で注入して扱う本格的なベイプです。

カートリッジ式のベイプ

カートリッジ式のベイプ

全く知識がなくても誰でも簡単に使えるベイプで、本体を充電すればカートリッジを付けて吸うことができます。

普通のタバコくらいのサイズが多く、価格も安いので手軽に始められるベイプです。

リキッド式の本格ベイプ

リキッド式のベイプ

ある程度の知識が必要なベイプで、アトマイザーやコイルの関係・電圧などを自分で調整できるベイプです。

カートリッジ式と比べると煙の量や味が圧倒的に美味しく、定期的なメンテナンスや手入れが必要になります。

自分の好みにカスタマイズも可能で、リキッドも自分の好きなものを吸えます。

価格もカートリッジ式のベイプと比べるとやや高いです。

 

簡単に使えるカートリッジ式ベイプおすすめ

価格も安くカートリッジ交換と充電のみで使えるベイプです。

どれもコンパクトなサイズなので持ち運びにも便利。

C-Tec Duo(シーテック)

2018年には最も売れたカートリッジ式のベイプで値段も安くておすすめ。

交換用のカートリッジの種類も増えたので、好みの味のフレーバーが見つかるでしょう。ドンキ・ホーテでも取り扱いがあるのでチェックしてみてください。

 

マイブルーmyblu 

2019年の注目ベイプで一気に人気が出てきたおすすめのベイプです。

初期費用も安く3,000円以下で始めることができ、コンビニでも取り扱いがあるので、交換用のカートリッジのストックも簡単にできます。

➡ ベイプ「マイブルーmyblu」アイコスやグローじゃ嫌な人にはピッタリ

 

ドクターベイプDR.VAPE

カートリッジ式のベイプでは最もスマートでおしゃれなベイプです。

本体の価格がやや高いですが、見た目のお洒落さや持ち運びにも適したカートリッジ式のベイプです。

➡ ドクターベイプ(Drvape)知識・手入れ不要でデザイン性に富んだベイプ

  

スマートなタバコ型ベイプ

➡➡タバコ型のベイプのおすすめ5選【見逃し厳禁】スマートにポケットから

www.bobbblo.com

小型のベイプで煙もそこそこ

➡➡コンパクトな小型のベイプおすすめ!使い捨てよりも煙が多くて楽しい

www.bobbblo.com

 

リキッド式ベイプの種類

リキッド式ベイプの種類

リキッド式のベイプには2種類ありスティックタイプとボックスタイプにわかれます。

ざっくりと説明するとスティックタイプは比較的操作も簡単で、携帯用として使うにも便利が良く手頃です。

ボックスタイプのベイプはスティックタイプよりも電圧などの調整が大幅に変更でき、煙の量も自分好みに合わせられます。

家でのみ使う分にはボックスタイプの方が楽しめて、外に持ち運んで使うならスティックタイプなど、目的別に使い分けることができます。

 

スティックタイプのベイプ

スティックタイプのベイプ

スティックタイプのベイプは基本的なボタン操作1つでできます。

持ち運びにも適したベイプで、1度もベイプを使ったことがない方にもオススメ。

ペン型のベイプ(vape)のおすすめ7選!スティックでも爆煙が可能でっせ

メンテナンスや手入れもボックスタイプと比べると随分と楽で、スティックタイプの中でもAIOのベイプはコイル交換のみで使えます。

リキッド式のベイプの圧倒的な煙量と、ベイプとはどんなものかと知りたい方には、お試しとしてAIOベイプはおすすめです。

ベイプのAIOはデビューの1本目としては最適!手入れ要らずで簡単操作

他にもスティックタイプには様々なブランドがあり、手入れ要らずで簡単なものから爆煙を楽しめるものまであります。

ベイプのスティック型タイプ!!!手入れも使い方もイージー~超爆煙タイプまで

 

ボックスタイプのベイプ

ボックスタイプのベイプ 

ボックスタイプのベイプはちょっとした知識が必要ですが、自分の好きなようにカスタマイズが可能で、煙の量や出力を調整できます。

スティックタイプのベイプで満足いかなくなった方がボックスタイプに移行する傾向にあり、リキッドの味によってアトマイザーを変えたりします。

持ち運びには不便ですがコンパクトなボディのボックスタイプもあるので、がっつりとベイプしたいかたにはおすすめです。

ベイプのボックス型おすすめ7選【やっぱりボックス型や】

 

気になるリキッド式ベイプの値段

ベイプのおすすめランキング

ベイプの種類によっても変わりますが、初期費用として2000円~8000円くらいで本体やスターターキットが購入できます。

消耗品であるリキッドや交換用のコイルが必要となりますので、月々に約3000~5000円が必要です。

あまり吸わなければ月々にかかる金額も減るのでこれくらいが妥当な値段です。

本体さえ買ってしまえば普通のタバコよりも数段に安くなったのは嬉しいことです。

ベイプを始めるのにいくら必要? 

 

ベイプの上手な選び方

ベイプおすすめ

ベイプを購入するにあたって必要なのは、ベイプをどういう目的で使うかによって変わります。

ベイプで禁煙したい方はメインで使う電子タバコを買う必要がありますね。

おもしろそうで興味本位で始める方は形、ブランド、リキッドの味などが決め手になって購入すると思います。

変なベイプを買ってしまうと、思うように使えなかったり煙の量が思っていたのと違ったり、バッテリーが全然足りないなどの満足できなかったりします。

しっかりとした知識を持ってベイプを選ぶことで満足のいくベイプ生活を送れます。

ここではそんな目的別でのベイプの選び方や選ぶポイントを紹介してみますね。  

ベイプの失敗しない選び方とは? 

 

本格ベイプを選ぶときに知っておきたいこと

ベイプのおすすめのランキング

ベイプのパーツを大きく分けると、バッテリー部分(MOD)と呼ばれるパーツとアトマイザー(噴霧器)の2つのパーツに分けられます。

このバッテリー部分(MOD)とアトマイザー(噴霧器)をうまく組み合わせることによって、煙を多くする仕様にしたり、1日中長く使えるように燃費を良くしたり、味や香りを楽しむようにしたりできるんですね。

逆に言えばこの組み合わせと自分が使いたい目的が合致していなければ、おいしいくて満足のいくベイプにはできないということにもなってきます。

なのでベイプ初心者の方はこのことを理解している必要があるんですね。  

 

ベイプを選ぶときのポイント

  • 煙がいっぱい出る
  • コストが安い
  • バッテリーが長持ちする
  • 持ち運びに便利

ベイプを選ぶときの重要なポイントはこんな感じではないでしょうか。

これらの条件を上手くクリアしていれば満足のいくベイプ生活を送れるはずですね。

 

ベイプの煙の量を楽しむためには?

煙の量を決めるのはベイプの上部に付いているアトマイザーが重要で、アトマイザー選びを失敗すると、思ったように煙を楽しむことができずがっかりしてしまいます。

アトマイザーのコイルには抵抗値(Ωオーム)と呼ばれる数字が設定されていて、この抵抗値(オームΩ)が0,9以下であれば満足のいく煙が出せるでしょう。

アトマイザーの抵抗値0,9Ω以下のアトマイザーを選ぶ必要があります。

バッテリーの出力が30W以上でアトマイザーの抵抗値(Ωオーム)が0,9以下であれば満足のいく煙の量を楽しむことができるのです。  

 

ベイプはコストが安い(コスパが良い)コイル

ベイプのコイル

ベイプにかかるコストは本体(バッテリー)を除くと消耗品であるリキッドとアトマイザー内部のコイルの交換が必要なため消耗品となります。

先ほど説明した0,9Ω以下のコイルは普通のコイルより燃焼量が多いため、早く消耗してしまい交換が必要になってきます。

リキッドに関しては燃焼量が多ければ多いほど消耗は早くなります。

煙の量を多く求めるのであれば0,9Ω以下のコイルを選び、燃費の良いものを求めるのであれば1Ω以上のコイルを選ぶ必要があります。

ベイプのコイルの交換時期の紹介

 

バッテリー容量のサイズ

バッテリーの基準となるものは1日中使っても電池が持つものは2000mAh以上のバッテリーは1日中使っても大丈夫です。

逆に2000mAh以下だと1日中使うにはちょっと無理があるのかもしれませんね。

たまに電子タバコを楽しむだけでOKという方は、スティックタイプのベイプでも十分にバッテリーの心配はありません。

煙を多く出したい方は出力は大きくなるため、消費も大きく2000mAh以上のバッテリーを搭載したベイプvapeを使っているからと言って1日中持つわけではありません。

一概には言えませんが、普通に吸っている方で2000mAhのバッテリー、ヘビースモーカーで5000mAhのバッテリーがあれば満足いくバッテリー量だと言えます。

ベイプのバッテリーの選び方と種類 

 

ベイプvapeを選ぶときのポイントまとめ

おすすめのベイプはどれ

選ぶときの定義は、煙がたくさん出て、コストが安く、1日中使えることに重点を置いてまとめますね。

  • バッテリー出力が30W以上
  • アトマイザーコイルの抵抗値が0,9Ω以下
  • バッテリー容量が2000mAh以上のバッテリー

この条件をクリアしていれば1日中使えて煙もたくさんな味の良いベイプを楽しむことができるでしょう。

 

ベイプのおすすめ人気ランキング

スティックタイプのおすすめ

最も簡単に使えるおすすめ人気「ASPIRE K4」 
  • バッテリー容量:2000mAh(電池は内蔵)
  • コイル抵抗値:0,27Ω

アスパイアのK4も今の人気のおすすめの1つで使っているかたを多く見かけますね。AIOとは違ってアトマイザーが外せるので、自分好みにカスタムできるのがおすすめの理由です。

しかもスティックタイプでこのバッテリー容量と煙の量なら絶対に満足できますね。アスパイアのアトマイザーの性能の良さに驚くでしょう。

ベイプのアスパイアK4の紹介

 

温度管理付きの爆煙ベイプ「ヌンチャク」 
  • バッテリー容量:2600mAh(別売り)
  • コイル抵抗値: 0,1~3,0Ω

ついにチューブタイプで温度管理機能が搭載されたヌンチャクです。

メカニカルMODのような形状をしてますが、本体下部にモード設定ができるボタンがつき、パワーモード、TCモード(NI、SS)、バイパスモードの3種のモードが選択可能になってます。
人間工学に基づいた重厚感のあるスタイリッシュなデザインが特徴的で、縄跳びのグリップのようにも見えますがそれがこのチューブのいい所でグリップフィット感にしっくり感じれること間違いなしです。

ベイプ「ヌンチャク」テクニカルでチューブMODの最強説

 

JUSTFOGフォグワン FOG1  
  • バッテリー容量:1,500mAh
  • コイル抵抗値: 0,8Ω

ボタン一つの簡単操作。初心者の方でも扱いやすいスターターキットです。
新設計のコイルは、ベイプらしい味わいを楽しめるDL(ダイレクトラング)、初心者の多くの方が求めているタバコと同様の吸い方を実現するMTL(マウストゥーラング)の両方のタイプを使用できます。

ベイプのfog1(フォグワン)がおすすめな3つの理由とは!?

 

ボックスタイプのおすすめベイプ

2018・2019年売れ筋おすすめ「イーリーフ i stick pico」
  • バッテリー容量:2100mAh
  • コイル抵抗値:0,6Ω

初心者の間でものすごい人気を誇る「Eleaf i stick pico」ですが、非常に使いやすくこのサイズと質感が人気です。上級者までに人気のあるアイスティックピコは、スペックとデザイン共に良しですね。

温度管理機能も付いていて、ベイプを知らない方でも充分に煙を楽しめる2018年には、間違いなく1番売れたベイプです。写真よりもずっとコンパクトなボディです。

アイスティックピコの種類とおすすめ

 

使いやすさと爆煙「Thorvap TC 80W」 
  • バッテリー容量:2200mAh
  • コイル抵抗値:0,3Ω

個人的には大好きなベイプの1つで、この価格でこの性能は他のブランドではなかなかお目にかかることはできません。

初心者さん向けで使いやすく爆煙が思った以上に楽しめます。アトマイザーの味の伝わり方が良いのか、リキッドの味に高評価を多く得ているコスパが非常に高いおすすめの人気ベイプです。

 

格安でごついベイプ「KIMSUN SK40」 

  • バッテリー容量:1300mAh
  • コイル抵抗値:0,5Ω

すごくコンパクトなベイプでパワーもしっかりとしたベイプです。

タンクを分解せずにそのままリキッドをチャージする事ができるレボタンクフィリングシステムを搭載しており、リキッドチャージの際の面倒臭さを完全に無くすことに成功しています。リキッド漏れの心配もなく、バッテリーの容量がやや小さいのが気になりますね。

 

ベイプおすすめランキング「INNOKIN Cool Fire 4PLUS」

  • バッテリー容量:3300mAh
  • コイル抵抗値:0,6Ω

超ハイスペックなのにベイプ初心者でも簡単に扱えるタイプのvapeです。

見た目のデザインもかっこよく、持ったときのしっくりくる感じがなんともいえません。普通のベイプに飽きた方には使ってみてほしいですね。 

 

ベイプおすすめランキング「IRUN 2600mAh」

  • バッテリー容量:2600mAh
  • コイル抵抗値:0,2Ω~ 

2019年の注目ベイプで価格が安い上に使い安さが抜群のベイプです

コンパクトながらしっかりとパワーもあるベイプで、吸い口にもステンレスを使用している人気のおすすめです。煙の量を多く楽しみたい方にはおすすめ。リキッドのタンクも容量が大きいのも嬉しいですね。

 

ベイプおすすめランキング「Kangertech TOPBOX Mini 75W」

  • バッテリー容量:2500mAh(電池は別です)
  • コイル抵抗値:0,15Ω、0,5Ω 

誰もが知っているおすすめの人気でデザインもスペックも共に文句のないベイプです。トップフィル構造でリキッドも入れやすく、リキッド漏れのないおすすめできるvapeですね。 カンガーテックのベイプの中ではダントツに人気のベイプで海外では最も評価の高いベイプです。

 

ベイプ人気おすすめランキングのまとめ

2019年のおすすめのベイプを集めてみましたが、王道ベイプがまだまだ人気があるようです。

ベイプを購入の際は自分の目的に合ったベイプを購入されることをおすすめします。

おすすめのリキッドも紹介▼ 

ベイプ(電子タバコ)Vapeのリキッド人気おすすめ!!【2019年】

www.bobbblo.com